読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

保護者のための いじめ解決の教科書 (集英社新書)

保護者のための いじめ解決の教科書 (集英社新書)

保護者のための いじめ解決の教科書 (集英社新書)

作家
阿部泰尚
出版社
集英社
発売日
2019-09-17
ISBN
9784087210903
amazonで購入する

保護者のための いじめ解決の教科書 (集英社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たな

子がいじめを受けているかどうかをどこで判断するか、いじめを受けていることが分かった場合、学校や警察その他へ相談する時のポイントなどについて、現場を知っている人ならではの経験に基づくアドバイスを行っている。私立学校ならではの問題も指摘されており、なるほどなと思った。

2019/10/11

Asakura Arata

やはり学校は戦場だ。加害者にとっても被害者にとっても教師にとっても。探偵が出てくるまでにこじれると、これは戦いになる。著者の批判する「いじめられたらやり返せ」そのものだ。学校に隠蔽体質に対抗するには、普段から先生や地域の人とコンタクトを取っておくのは大事かもしれない。

2019/09/23

ねええちゃんvol.2

★★★★ いじめで悩んでいる方、ぜひ読んでほしい

2020/01/13

Iwata Kentaro

さすがは探偵、実際的、具体的。ラインはスクショ、とか他の本には書いてない。いじめ被害者の親と子供は必読。私立校の実態とかは知らなかった。

2019/10/11

活字の旅遊人

動き方。

感想・レビューをもっと見る