読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「利他」とは何か (集英社新書)

「利他」とは何か (集英社新書)

「利他」とは何か (集英社新書)

作家
伊藤亜紗
中島岳志
若松英輔
國分功一郎
磯崎憲一郎
出版社
集英社
発売日
2021-03-17
ISBN
9784087211580
amazonで購入する Kindle版を購入する

「利他」とは何か (集英社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ろくせい

2020年発足した東工大の未来の人類センター。そこの利他プロジェクトに参加する5名の大学教員が論考する「利他」。議論で用いるテーマは五者五様。伊藤亜沙さんの功利で定義する合理主義的利他。中島岳志さんの贈与からはじめ互酬性で考える利他。若松英輔さんの最澄と空海が発した利他の考察。國分功一郎さんの受動態の一つ中動態に含まれる利他。磯﨑憲一郎さんの小説創作のひらめきで見る利他。違う専門だからか、発散的印象。そもそも利他は利己から捉えるものだろうか。自己から他があるのか。もしくは他のなかに自己があるだろうか。

2021/04/25

trazom

タイトルから倫理や宗教を想像したが、本書の視座は余りにも広範で深い。何より研究メンバー(=本書の五名の執筆者)が凄い。「利他主義は利己主義にとっての合理的な戦略」「利他の原理を共感にしてはいけない」「利他は他者を支配する」等の西洋的な問題提起に対して、利他行為後の「変に淋しい、嫌な気持」や、柳宗悦さんの自他不二の思想に思いを馳せる中島岳志さんや若松英輔さんの考察が心に残る。人は根源的に利己的であるとするか、「生物学の世界で、種の保存のために利他は当たり前」(大隅良典先生)と考えるかの立脚点の違いも大きい。

2021/06/04

しゃが

興味深い新書だった、、今を考えるには適書のような思いがした。東京工大「利他プロジェクト」の共同研究者5人による「利他」の多角的アプローチ。コロナ禍、社会が危機に直面するなか、他者と関わる自己の課題がみえてくる。伊藤亜紗さん、中島岳志さん、國分功一郎さんと若松英輔さんが好み。特に若松さんの柳宗悦論は秀逸、そして柳が民藝で他者への接し方はまず韓国の民藝館を作ることだった。それぞれの中から考えたことは聞くこと、自分が変わること、応答としての責任を持つ。

2021/04/28

kawa

ワンコイン分の「利他」(他者のための行動)を投入して、ワンコイン分の利益がかえってくることを期待する自動販売機式・利他(伊藤さんはこれを『合理的利他主義』『効果的利他主義』と紹介する。)から、自分の意思を超えたはからいのない(無為) 、自他がひとつの「利他」を論ずる。「利他」を巡って、5人の論者から各々の知的興奮が引き出される、難解な部分もあるのでじっくり再読したい良著。次はそれを如何に実践するかを論じてもらいたい。

2021/05/24

サンタマリア

後半につれ内容が難しくなっていった。著者たちがそれぞれ専門の分野について語っており、それを利他に結びつける思考回路がぱっと見ただけだと把握しきれなかった。しかし、あとがきを読んで思考回路もなんとなく理解できた。大切なのはこれから自分がどう行動するのかだが、それが難しい。書いてあることをまだ行動に落とすのは先になりそうだ。とりあえずは利他の利己的な部分に注意して日々過ごしたい。

2021/05/29

感想・レビューをもっと見る