読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファミリーデイズ (集英社文庫)

ファミリーデイズ (集英社文庫)

ファミリーデイズ (集英社文庫)

作家
瀬尾まいこ
出版社
集英社
発売日
2019-10-18
ISBN
9784087440379
amazonで購入する Kindle版を購入する

ファミリーデイズ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さてさて

『娘との生活が始まってから、明日が二つやってくるようになった気がする。自分の明日と、自分のよりもたくさんの可能性と未来に満ちた娘の明日』とおっしゃる瀬尾まいこさんの日常を垣間見ることのできるこの作品。まるで”瀬尾まいこ”という人物を主人公にした小説のようにも感じられる瀬尾さんの小説の筆致そのままに展開されるこの作品。そこには、瀬尾さんのあの作品、この作品のあんな表現、こんな表現の原点のような新鮮な驚きに満ちた世界がありました。物語を優しく紡ぎあげるいつもの瀬尾さんの眼差しを垣間見ることのできた作品でした。

2021/10/26

のぶ

瀬尾さんが中学の先生を退職し、結婚した以降の日々を綴ったエッセイ集。序盤は旦那さんからプロポーズを受けた経緯。旦那さんの性格がとてもおっとりしていることが書かれていた。そして瀬尾さんはかつて子宮の手術を受けていて、子供は諦めていたところに思わず授かった命。本書の大半は出産から子育てについての毎日に割かれていた。子供に対しては親バカとも思える描写も多いが、生命の誕生から幼い命が育っていく過程は、読んでいて感動も覚えた。全体としてはほのぼのとしていて楽しいものだった。

2019/11/26

家族のエピソードを交えたエッセイ。出産前の入院での出会いから娘さん出産時の手術の話、娘さんの成長過程の流れが凄く良いなぁと思いました。たまに旦那さんの態度に突っ込みたくなるような時もありましたが旦那さんも良い人のようで素敵な家族だと思います。あっという間に子供は成長するのだなぁ。大きくなって娘さんがこの本を読まれる時のリアクションが見てみたいです。

2019/11/15

佐島楓

エッセイと知らずに手に取ったが、瀬尾さんはポジティブな方だなと思った。やはり旦那さんを始めとするご家族の協力があってこその子育て。旦那さんのおおらかさと娘さんの元気さが伝わってきて、この先いろいろなことがあってもきっと大丈夫という気持ちにさせてくれる。

2019/10/21

toma225

昨年11月半ばに出産しました。その前日に病院で読んでいたのがこのほのぼの子育てエッセイ。子どもが生まれたら読書どころではないと聞いていたけれど、確かに2か月間、本を手に取ること自体を忘れていました。でもあれですね、久しぶりに頁をめくると、なんとも言えず静かな時間が訪れますね。私にとっての「ファミリーデイズ」も賑やかなものになりそうですが、これからは本をすぐ手の届くところに置いて、娘が寝た隙に少しずつでも読み進めようと思います。

2020/01/10

感想・レビューをもっと見る