読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時代小説 ザ・ベスト2020 (集英社文庫)

時代小説 ザ・ベスト2020 (集英社文庫)

時代小説 ザ・ベスト2020 (集英社文庫)

作家
日本文藝家協会
川越 宗一
奥山 景布子
林真理子
村木嵐
簑輪諒
佐々木 功
矢野隆
植松 三十里
大塚卓嗣
青山文平
浮穴みみ
出版社
集英社
発売日
2020-06-19
ISBN
9784087441314
amazonで購入する

時代小説 ザ・ベスト2020 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

11名の作家による時代小説アンソロジー。初読み作家さんもいて楽しみに読んだ。時代の変換期がテーマのような・・そんな色々11話。流れ流されて人はそれでも生きていくのだなぁを感じた。好みは奥山さん佐々木さん、青山さんに浮穴さんと言ったところか。

2020/07/18

サケ太

様々な短編が読めるのが楽しい。「ゴスペル・トレイン(川越宗一)」、「宇都宮の尼将軍(簑輪諒)」が個人的に面白かった。

2021/10/31

ふわりん

知ってる作家さんは少なかったけど、どんな小説が読めるのかと楽しみにして読み始めた。奥山景布子さん、林真理子さんまではすいすいと読んでいたが、その次、またその次、とちょっと私の苦手な分野の話になり斜め読みしてしまった。最後の三篇、お初の川越宗一さんと青山文平さん、馴染みのある浮穴みみさんは面白かったので、結局半分読んだだけでも満足だった。いつも読んでる時代小説を期待してたので、まぁ期待外れということにはなるんだけど、せっかく知らない作家さんが読めると思ったのに根性なしで半分は諦めることになり残念だった。

2020/11/21

あここ

時代物でもいろいろ。前の話を引きずってたら、は?ってなる(笑)お妾さんが鴨さんと殺されてしもた旦那の話が印象に残る。友達の勝手な会話。おまえらが何を知ってるねん。経緯も知りもせんと何で悪者にしてるねん。憎め忘れろなんて指図すんな。旦那の当惑がよう分かった。でもこんな人らに一緒にいて欲しいって理解できん。ガラシャの旦那話も面白かった。責任丸投げ親父へのどろどろ。玉子への愛憎で屈折。乱丸の兄さんなかなか非道。人質に取られた息子を殺そうとする親父。え?どんな顔して戻ったん?家康弟の脱出劇。人質の明暗。家族が怖い

2021/08/11

mawaji

年末の図書館で目にして手に取った時代小説アンソロジー。知らなかった作家さんも多かったのですがそこは流石にザ・ベスト2020ということで、どの物語にもぐいぐい引き込まれました。大河ドラマ「麒麟がくる」が佳境に入ってきたこともあり、まだちょっとあどけなさの残る芦田愛菜(たま)も謀叛人の娘という十字架を背負って壮絶な人生を歩むことになるのか…と佐々木功「沈黙」を読みつつ妄想し、植松三十里「雪山越え」では有度山の山頂で松平康俊と語り合う風間俊介(家康)を思い浮かべながら読了。毎年年末はこのシリーズを読もうかのう。

2021/01/13

感想・レビューをもっと見る