読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

対岸のヴェネツィア (集英社文庫)

対岸のヴェネツィア (集英社文庫)

対岸のヴェネツィア (集英社文庫)

作家
内田洋子
出版社
集英社
発売日
2020-07-17
ISBN
9784087441383
amazonで購入する

対岸のヴェネツィア (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

写真で見るイタリアはほとんどが太陽の光を浴びていて明るい国という印象ですが、この本で語られるヴェネツィアは観光の街ではなく、暮らしにくさや表からは見えない負の部分なども描かれていて、ちょっと気持ちが暗くなります。でも、それも含めてのイタリアの魅力なのでしょう。驚いたのは、作者が数年間も木造帆船で暮らしていたということ。モンテレッジオの旅する本屋のときもそうでしたが、行動力と本への情熱に感心しました。その情熱に男女は関係ないはずですが、ゴンドラの漕ぎ手に女性はなれないとか。対岸の意味について考えさせられます

2020/08/31

you

いままでとは違うしっとりとしたイタリアだった。いままでは底抜けに明るい人や人懐っこい人、貴族や大富豪等々、ホンマにそんな友人が沢山いるんかいな、とフィクションっぽい感じがあったがこの本では地道な人が多かった。 季節も寒くてジトジトした太陽のない、観光では行かないイタリアが舞台だった。

2020/08/14

Cちゃん

嗚呼ヴェネチアがイタリアが恋しくなってきた!ヴェネチアのハレとケ、現と夢、観光客として上辺だけでは知り得ないヴェネチアが文章の中から浮かび上がってきます。

2020/08/04

めぐ

きっとこれは旅行でふらっと訪れて感じられることではないのでしょう。今の自分には体験できない物語なのでとても新鮮でした。本当に実話なのか、、と思うほどに想像や現実離れしたようにも感じました。しかし現地で出会った人々からヴェネツィアが語られていたのが良かったです。

2021/09/11

yasu7777

★★★☆☆ 練馬2786-119

2021/05/04

感想・レビューをもっと見る