読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緑と楯 ハイスクール・デイズ (集英社文庫)

緑と楯 ハイスクール・デイズ (集英社文庫)

緑と楯 ハイスクール・デイズ (集英社文庫)

作家
雪舟えま
出版社
集英社
発売日
2020-11-20
ISBN
9784087441789
amazonで購入する Kindle版を購入する

緑と楯 ハイスクール・デイズ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

miu

未来東京。とある男子高校生の恋の物語。男とか女ではなくて、楯が楯だから好きなんだ。人の感情は本来こうあるべきなんじゃないかな。誰からも好かれている楯と家庭環境も悪く、友だちもいない緑。近未来であったとしても、人が人にもつ感情は不変で、恋は尊い。

2021/01/24

ふかborn

近未来設定が必要かどうなのか謎のままである。個別名称を出したくないとかそんな感じ?近未来設定の候補のひとつとして、容姿端麗で人気者の荻原楯が地球人ではない…というのを想像していたが、全くもって私の妄想だったみたいで、たびたび気を失って夢の旅へ出ていたり、母親に前世での関係を語っていたり、異様に勘が良いとかマジで物語のニュアンス程度であって、「楯は宇宙人もしくは月産まれで実はこの本SF説」をことごとく無にしたのである。いやただ勝手な深読みのせいなのだが。未来の花やしきには、まだメリーゴーランドがあるらしい。

2021/02/06

flower0824_

紀伊カンナさんの表紙でジャケ買いした初読み作家さん。2055年、未来東京。学校一の秀才・兼古緑は、同じクラスで学校中の人気者・萩原楯が苦手だった。卒業まで関わることはないはずの高校三年の秋、ふとしたきっかけで、緑は楯に急速に惹かれていく。相手の言動に動揺し、妄想を膨らませ、現実は思うようにいかずにもがく日々。毎日会いたい、名前を呼び合ってみんなと違う特別になりたい。素直でじれったくてかわいい。一般小説なのでBLはサラッと初心者向け。寺地はるなさんの解説がスッと入ってくる。

2021/01/26

ちびたぬき

人を好きだという気持ちが本全体からあふれでる、純粋な恋愛小説。両親が不仲で苦しむ緑が、ふとしたきっかけで楯に恋をする。緑の目線で、彼の痛い程強い両親への、楯への思いが描かれる。妄想したり嫉妬したり、時に心配になる程一生懸命、恋に悩み、楯への思いを伝えようと奮闘する緑。緑をどう思っているのかイマイチ掴めないが、それでいて緑を優しく見守り助ける楯。二人の間にある空気は、とても微笑ましく素敵だ。

2021/01/13

前半はちょっとあいたたたな緑くん。若干読者を選ぶような描写が多いと思う。だけどこの本は最後まで読む事によって価値が生まれる。所謂BLなんだけれどそれだけじゃなくて、本当にピュアで、お互いじゃなきゃダメだったんだなって、最後にしっとり思わせてくれる。 ほっこりしたやりとりがあって、でも切ない、そんな2人の物語。 家族に対するメッセージ性も強く、胸を打たれた。 緑くん。どうか幸せになってくれ。只々祈る。

2021/01/03

感想・レビューをもっと見る