読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ばけもの好む中将 十 因果はめぐる (集英社文庫)

ばけもの好む中将 十 因果はめぐる (集英社文庫)

ばけもの好む中将 十 因果はめぐる (集英社文庫)

作家
瀬川貴次
出版社
集英社
発売日
2020-11-20
ISBN
9784087441833
amazonで購入する

ばけもの好む中将 十 因果はめぐる (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

気になっていた本を1巻から読み始めあっという間に最新刊の10冊目まで来てしまいました。いよいよ悪役が存在感をまいて十の姉の秘密がわかるようになってきました。中将の妹のために五の姉が現在のメガネのようなものを考案します。妖怪ものというよりもちょっと変わった二人の主人公とそのまわりの人間関係を描いたものでこれからもしばらく続きそうですね。早く続編を読みたいものです。

2021/04/28

真理そら

十の姉の置かれた状況がぼんやり見えてきた気がする。相変わらず初草はかわいいし一途、宗孝はドンくさいし運がいい。今作はキャラ総出演というくらい賑やかだったので楽しく読み終えた。中将様の長期計画はなんとなく読めるけど宗孝が傷つくような方法を取ったら読者は許さないからねっ。

2020/11/22

しゅてふぁん

この物語は登場人物が多いのに久しぶりに読んでも全く混乱することがない。姉たちの個性が強烈なせいもあるけど、ちゃんとした名前があるわけでもないのに凄いなと感心する。怪異を求めて夜歩きしても面倒事にしか遭わないんだし、そろそろ諦めても良いのでは、と思ったり(それだと話が成り立たなくなるけど)。さて、宗孝の姉たちが宣能の周囲とここぞとばかりに絡み合ってきて面白くなってきた。気になる終わり方だったので続きが楽しみ。

2021/03/19

momi

シリーズ第10弾!安定した面白さです!!十二人の姉をもつ「宗孝」と怪異を愛する「宣能」を中心に繰り広げられる平安物語!今回の怪異は…誰も居ないはずなのに夜中に聞こえるドタバタと騒がしい音!もの言う溺死体!?ばけもの好きな宣能がじっとしているわけがありません!盗賊に襲われ宗孝ピンチでハラハラしたりしましたが「初草」が字が読めるようになったことなど嬉しい話もあり。春若くんと真白の恋の行くえも引き続き気になります! 次も楽しみ♬

2020/12/02

ネムコ

宗孝は宣能中将にとって、公私ともになくてはならない存在になってきた。よりダークな一面も覗かせ始めた宣能と、彼の企みを何も知らない宗孝。多情丸と十郎太の意外な因縁も見えてきて、物語は次第に佳境へ。初草と色付き眼鏡のエピが一服の清涼剤。

2020/11/24

感想・レビューをもっと見る