読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サクラオト (集英社文庫)

サクラオト (集英社文庫)

サクラオト (集英社文庫)

作家
彩坂美月
出版社
集英社
発売日
2021-01-20
ISBN
9784087442069
amazonで購入する Kindle版を購入する

サクラオト (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よつば🍀

「サクラオト」「その日の赤」「Under the rose」「悪いケーキ」「春を摑む」「第六感」6話収録の連作短編集。彩坂作品に漂う不穏さは今回も健在。本作では更に緊張感もプラスされ趣向を凝らしたミステリーとなっている。春夏秋冬の各季節に聴覚・視覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を掛け合わせた構成は新鮮。ライトノベル風な装丁で軽いミステリーをイメージしていると良い意味で裏切られ予想していた結末は見事に覆される。春の日中に見る満開の桜は美しいけれど夜桜はどこか禍々しさを感じる。その桜の様に人の心の多面性に慄く読後。

2021/03/07

えみ

聴覚・視覚・嗅覚・味覚・触覚の五感+第六感がテーマとなって揺れる心と日常の変調、そして始まりと終わりが細微に亘って描かれた一冊。人の感覚と四季が重なり合って、人間を浮かび上がらせる。一話そして一話と個性が光る6篇収録の短編集。そこに隠されたメッセージとは何か?気を抜くなかれ、桜が桜故の存在感を発揮した物語は、美しく妖しく闇に色彩付ける役割を果たし、驚きの真実が待ち受ける最終話を妖艶に飾りつけている。読者にお披露目される本書は息吹を吹き込んだ謎と罠が交差し、連作としての効果を十分に発揮した意表を突いた小説。

2021/01/23

モモ

桜で囲まれた廃墟となった学校で続く人の死。「春」では実らなかった恋とその結末。「夏」では母を病気で突然亡くした家族の話。それぞれが懸命に日常を維持しようとするが、すれ違ってしまう。ただならぬ不協和音からの再生が良かった。「秋」高校時代みんなの憧れだった綾子。その思いがけない結末にため息をついた。「冬」はケーキが嫌いになった理由がつらい。「春」バイト先の男性からの訳が分からないアプローチに困惑する風花。一歩踏み出せて良かった。それぞれの話で、散りばめられていた違和感が最後に明かされる。骨太の一冊でした。

2021/05/09

よっち

「桜の音が聞こえる人は、魔に魅入られた人なんだって」 五感をテーマに描かれる謎と闇五編とExtra stage「第六感」からなるミステリ連作短編集。朝人が詩織を連れ出した満開の夜桜の下で語られる、少女が起こしたクラスメイトの毒殺、恋人同士の扼殺、中学教師による教え子殺し。母を亡くした姉弟の関係、再会した先輩の死、甘いケーキが食べられない理由、囚われていたもの、そしてそれらの伏線を絡めながら最後に語られるエピソードもまたなかなか興味深くて、振り返ってみると違った意味合いも見えてくるとても印象的な物語でした。

2021/02/24

アユ

サクラオト 題名と表紙に惹かれて読んでみた!面白いよ!全部の話面白かった!第5話・Extra stage では今のあゆにドンピシャな言葉が書いてあった

2021/06/02

感想・レビューをもっと見る