読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鏡の背面 (集英社文庫)

鏡の背面 (集英社文庫)

鏡の背面 (集英社文庫)

作家
篠田節子
出版社
集英社
発売日
2021-05-20
ISBN
9784087442434
amazonで購入する Kindle版を購入する

鏡の背面 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ピース

女性の避難所でもある施設が火事になり日本のマザーテレサと呼ばれた小野尚子が焼死した。ところが後で警察から焼死したのは別人との知らせがある。真相を探る為にライターの知佳と施設長の優紀が動く。話としてはおもしろかったけどこんなことって本当にあるの?という感じだった。最後の終わり方も突然という感じだった。もう少し余韻がほしかった。

2021/07/11

nekokokochi

DVなどから逃げてきた女性のための団体、その代表の女性が死後別人であることがわかった。面倒見がよく謙虚で優しい聖母がだれであったのか探っていくうちに別の連続殺人事件に出くわす。篠田さんの文章は読みやすく、ときに苛つく場面もあったがさらっと流すように読んでいける。ひとつの物事も別の立場から見ればまるで違うように見えるということにはっと気づかされる。女性の底力。どんな方向性であっても必死な人たちには恵みがある、はず。

2021/08/16

hrmt

篠田作品14作目。シェルターを運営し問題を抱える女性たちに寄り添って慕われ、火事から入居者を助けるために死亡した小野尚子の遺体は別人だった。二十数年も身替わりを務めたその女は犯罪者で、けれど誰も疑うことなく小野尚子だと思っていた。所作や言動を真似、その考え方までをも自分に刷り込むことで、初めは確かに犯罪計画だったものがいつしか限りなく尚子本人と同化していく。人の認識力が曖昧なように人間は気持ち次第でどうとでもなるものだ。尚子になりきることで結果的に生き直すことになり邪まな己から救われていたのかもしれない。

2022/02/06

やっちゃん

先が気になって一気読みしてしまう面白さ。正義が悪に取り込まれるのはよく見るけどこれは新しい。声色は?モノマネも極めれば雰囲気出るけど‥まあキン肉マングレートもバレなかったしいいか。冷静な長島のおっさんがよかった。

2022/04/01

シキモリ

驚異的な献身ぶりから<聖母>と讃えられたNPO運営の老女が焼死。検死の結果、遺体が全く別人と判明する所から始まる物語。私がついつい手に取ってしまう【なりすまし】が題材のサスペンスで犯罪ルポタージュさながらの緻密さと読み応えがある。徐々に明らかとなる女の本性は聖母の実像と乖離し怖気を誘うが、中盤のオカルト路線がある意味で一番恐ろしい。終盤でもう一捻りあるかと期待したが、長丁場(本編630頁超)の割に平坦な着地点に収束してしまった。最後まで充分楽しめたので決して悪くはないけれど、流石にちょっと物足りないです。

2021/05/22

感想・レビューをもっと見る