読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

隠れの子 東京バンドワゴン零 (集英社文庫)

隠れの子 東京バンドワゴン零 (集英社文庫)

隠れの子 東京バンドワゴン零 (集英社文庫)

作家
小路幸也
出版社
集英社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784087442731
amazonで購入する Kindle版を購入する

隠れの子 東京バンドワゴン零 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

♡東京バンドワゴンシリーズ完読プロジェクト! https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11307678?sort=book_count&order=desc 江戸北町奉行所定廻り同心の堀田州次郎が、現代の堀田家にどう繋がるか興味津々で読みました。東京バンドワゴンシリーズというよりも、宮部みゆきの時代ミステリのような雰囲気、まだ現代の堀田家に辿り着いていないので、続編があるでしょうか?

2021/10/04

Makoto Yamamoto

バンドワゴン零という事で手に取った。 堀田家の先祖だから、幕末から明治と思っていたが、バリバリの江戸で時代小説になっている。 バンドワゴン零としてなかったら、この作品は読んでいないと思う。 今回は超能力が登場したり、同心が登場したりで市井の話かな?って思っていたが、東京バンドワゴン零らしい展開となっていた。 楽しく読ませてもらった。 できれば、このまま繋いで草平まで登場するような流れになると嬉しい。

2021/11/18

大好きな小路幸也さんの初となる時代小説は、ハラハラドキドキしながらあっという間に読了してしまいました。楽しかったです。人よりも感が鋭かったり、そこに居ないものの匂いがわかったり、物事の流れる先の事がわかったり、といった特殊な力を持つ人「隠れ」と呼ばれる人達が、その力を制御しながら市井の人の中で暮らす江戸の町で、自身の隠れとしての力を使いながら養父の死の真相に迫る同心州次郎の物語。バンドワゴン抜きで成立する物語は是非この後の展開も読みたくてしょうがない。おるうちゃんの賢さと健気さにまた会いたい。

2021/08/02

hiro

小路幸也さんの初時代小説が、東京バンドワゴンとリンクしているということに興味があり読んでみた。主人公の同心が“堀田”州次郎、そしてあの堀田家の一部の人は幽霊のサチばあちゃんが見えたり話せるように、ご先祖様の州次郎も美男子で“隠れ”という特殊能力を持った人という設定は、確かに現代の堀田家につながっていた。しかし、懐かしいTVのホームドラマとは違って、この零は江戸時代、州次郎たち正義の隠れと悪の隠れとの戦いは、TVの時代劇のような展開が待っていた。シリーズ化の予感がする終わり方だったので、続編を期待します。

2021/11/21

ゆみねこ

江戸の「隠れ」と言う特殊能力を持つ人々。闇の隠れとの対決、様々な力を持つ「隠れ」が居て面白い。なんと言ってもあの堀田家のご先祖と思しき定廻り同心・堀田州次郎が登場するのが楽しい。これも続きが読めたら嬉しい。

2022/05/11

感想・レビューをもっと見る