読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旅先のオバケ (集英社文庫)

旅先のオバケ (集英社文庫)

旅先のオバケ (集英社文庫)

作家
椎名誠
出版社
集英社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784087442748
amazonで購入する

旅先のオバケ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

シーナさんの旅行記は定番のおもしろさだが、本書冒頭のロシア(旧ソ連時代)で体験したポルターガイストがマジ怖い。旅行者を監視しにきたKGBが「ラッキーだったね」とまで言うのだから。読んでみて、何かのトリックでは、とまで思ったけれど、そんなことをしてソ連やホテルが何か得するはずもない。日本の中でさえ、離島でキャンプしたときの怪異がまたすごいのだ。抱腹絶倒の文章が多いという印象があるけれど、シーナ作品はこんな場合、凄みがきいている。怪異ではないが北極圏の蚊は恐怖である。シーナさんの本からの知識は印象が強いのだ。

2021/08/03

ちろ

冒険作家シーナさんの旅エッセイを初読み。目次から予想した以上にディープエピソードがてんこもり。シベリア、モンゴル、北極圏の宿泊はいろんな意味でハード。自然が厳しい場所は衣食住の全てに無駄がなく理に叶った生き方をしているなぁと。現代の生活に染まりきった私は一泊もできません😅順応する椎名さん凄いです。

2021/08/04

えっちゃん

椎名さん、ガッツリ読むのは初めてかな。 世界中を旅しているからいまの時期は色々想像して一緒に旅した気分になれる。 前半はオバケ系だけど、後半はまったくそういうんじゃないんだけど、北極圏のトイレ事情とか怖いし、蚊の大群の話も怖すぎる。わたしは後半のほうが怖かった………!

2021/07/19

Cちゃん

久しぶりのシーナさん、やっぱり面白い。その昔ハマって自分の日記的なものに彼の文体、語調を真似して、書いていたのを思い出した。それにしても凄いところばっか旅してこられたのだなぁ。そろそろ無茶は、効かないお年頃だとは思いますが、まだまだ怪しい探検をして欲しいものです。

2021/08/01

へへろ~本舗

お化けの話は最初の方だけ。怖くないけど蚊の大群は嫌な話

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る