読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

作家
野口卓
出版社
集英社
発売日
2021-09-17
ISBN
9784087442960
amazonで購入する Kindle版を購入する

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らび

波乃さんが凄く相談屋としてしっかりしてきた。確かまだ19歳か20歳でしたよね。信吾との役割がまさに「割れ鍋に綴じ蓋」モトさんの過去は思いのほか壮絶だったのですね。凄い女性です。梟やカワウソなど今回は結構動物との会話がたくさんあって、そうだ。信吾ってはなせるんだった・・と思い出しました。

2021/10/10

サケ太

二人の掛け合いも依頼へのコンビネーションも完璧。相変わらず様々な依頼が持ち込まれるも、危なげを感じさせない。良い話。

2021/09/29

kankan

信吾と波乃が補い合う見事なコンビ。 モトの過去、梟の話しなど、ほっこりする話が満載。 一気読み。

2021/09/22

Dyans

今回はフクロウや獺との会話があり。お付の女中モトの悲しい素性が明らかになる。権六とはこれっきりかな。

2021/10/06

goodchoice

今回はじっくり読ませる話が多く、とても楽しかった。野口さんも円熟味が増してきて、楽しませてくれる。

2021/11/03

感想・レビューをもっと見る