読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫)

作家
野口卓
出版社
集英社
発売日
2021-09-17
ISBN
9784087442960
amazonで購入する Kindle版を購入する

梟の来る庭 めおと相談屋奮闘記 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らび

波乃さんが凄く相談屋としてしっかりしてきた。確かまだ19歳か20歳でしたよね。信吾との役割がまさに「割れ鍋に綴じ蓋」モトさんの過去は思いのほか壮絶だったのですね。凄い女性です。梟やカワウソなど今回は結構動物との会話がたくさんあって、そうだ。信吾ってはなせるんだった・・と思い出しました。

2021/10/10

サケ太

二人の掛け合いも依頼へのコンビネーションも完璧。相変わらず様々な依頼が持ち込まれるも、危なげを感じさせない。良い話。

2021/09/29

onasu

信吾の嫁取りに触発された竹輪の友の見合いの後の顛末を描いた初編、時折庭の梅の木に訪れては信吾と話していた梟の福太郎がもたらした話しの二編目、そして、信吾の連れ合いとなった波乃に料理を教えるため、実家より遣わされていたモトが戻ることになった四編目と、新シリーズになっての懸案総浚いの感の通算十巻目。そんな合間の三編目には、少しお久の軽いやっとうが挟まりバランスも好し。  野口さんの作品の中でも続いているのは、間口が広いのが奏功しているのか。乗っている間に、行けるとこまで行ってもらいたいものです。

2022/07/29

ミド

今回は将棋の話が少なめで信吾と波乃の仲良い姿を堪能できた。幼馴染のために波乃が力を貸す所はめおとならではだと思う。そして波乃の世話係であるモトの過去話も良かった。でもずっと波乃の側にいる人だと思っていたのでいなくなってしまうのは残念。春秋堂に戻っただけだからこれからも出番があるといいな。

2022/03/17

kankan

信吾と波乃が補い合う見事なコンビ。 モトの過去、梟の話しなど、ほっこりする話が満載。 一気読み。

2021/09/22

感想・レビューをもっと見る