読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バブル (集英社文庫)

バブル (集英社文庫)

バブル (集英社文庫)

作家
武田綾乃
出版社
集英社
発売日
2022-04-21
ISBN
9784087443769
amazonで購入する Kindle版を購入する

バブル (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ブルちゃん

すぐ読んでしまった😆これはたぶん映像で観ると感動するやつかも✨わたしは特に、背景や、立体的な感覚を想像するのがとても苦手なので、読後に映画の予告編を見たら、そこで一気にイメージが繋がって、泣きそうになった😭✨両方の良さがあって両方観るのが一番楽しめそうだと思う🤔♡ペンチャンありがとー😆

2022/05/31

よっち

世界に降り注いだ泡〈バブル〉により重力が壊れた東京。ビルからビルへとチームで駆け回るバトルクールの少年ヒビキが不思議な力を持つ少女・ウタと出会う映画ノベライズ。聴こえないはずの音に敏感な12歳だったヒビキが聴こえた泡の音(歌)。そんな彼が五年後のある日、重力が歪む海へ落下して運命に導かれるように少女ウタに救われる展開で、共に過ごすようになるウタはなぜヒビキの前に現れたのか、響き合うような2人の出会いがやがて世界を変える真実へと繋がって、激動の展開の中で2人が交わした最後の約束がとても印象に残る物語でした。

2022/05/19

こひすてふ

2022年5月劇場公開作品のノベライズ。 映画では語られなかったストーリや設定、世界観が物語に溶け込んでいて映画を観た時の「?」が腑に落ちました。泡の意味やウタの正体も……。 二人の想いが重なるラストシーン。その儚くて切ない描写に胸が締めつけられます。彼ら彼女らにまた会いたいと思わせてくれる小説です。もう一度映画館に行こうかな。

2022/05/19

みつ

Netflix版を見た直後にノベライズ版が気になって本書を購入。映像版ではわからなかった〇泡とは何か?〇ウタはそもそも何者なのか?〇ウタの格好が奇抜なのはなぜか?〇東京タワーの上にいた赤い目のような物は何か?〇ウタはなぜそれを姉と呼んだのか?〇ウタが消えたのはただ悲しいだけでなく、意味のある物であった事が描かれていた。映像版を見て上記が気になる方はぜひ本ノベライズ版を読む事をオススメする。

2022/05/05

ホリ

小説を読み終わってすぐに映画も鑑賞しました。小説ではより心情が細かく描かれており、映画ではより鮮明な描写が表現されておりました。 どちらが良いとかではなく、二つ揃って初めて完成する作品でした。

2022/06/27

感想・レビューをもっと見る