読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

太陽の庭 (集英社文庫)

太陽の庭 (集英社文庫)

太陽の庭 (集英社文庫)

作家
宮木あや子
出版社
集英社
発売日
2013-02-20
ISBN
9784087450408
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

一般人には存在を知られず、政財界からは「神」と崇められている、永代院。地図に載らない広大な屋敷に、当主の由継を中心に、複数の妻と愛人、何十人もの子供たちが住まい、跡目をめぐって争っていた。そんな中、由継の息子・駒也は、父の女・鞠絵に激しく惹かれてゆく。許されぬ愛は、やがて運命の歯車を回す。破滅の方向へ――。「神」と呼ばれた一族の秘密と愛憎を描く、美しく、幻想的な物語。

太陽の庭 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

ファンの皆様、ごめんなさい。酷評です。それはお前が気に入らなかっただけだろうと言われるかも知れませんが。茶道や華道の家元宗匠制度に、民話「うぐいすの里」。オスマントルコのスルタンのハーレムに、『源氏物語』の六条院。シェイクスピアの『マクベス』もあるかな。それらを混淆させて浴槽に入れ、そこに谷崎のエッセンスを一滴たらしたような作品がこれ。きわめて通俗的である。通俗的とはどういうことか。それは、読者に想像力の余地を残さないということでもある。観念や想像が飛翔しない、あるいはむしろ飛翔を阻むのである。

2019/01/28

優希

宮木あや子さんは2つの顔を持っているなとつくづく思います。この作品のような側面は少女漫画のようですね。神と呼ばれた一族の愛憎と官能が美しかったです。隔離された世界を描いているからか、現実感は薄く、幻想的な空気が漂っていました。閉ざされた世界の情景や情交が綺麗です。日本神話のような雰囲気を感じました。これだけ美しいのに崩壊への道を歩み、誰もが加害者であり被害者である救いのない物語になっていく不条理さ。現実に引き戻される瞬間、全てが夢のように感じました。

2015/11/04

りょうこ

前作の『雨の塔』もリンクしてきてて雨の塔の謎も少し明かされる。閉鎖的な永代院の生活や風習が気になる。あの後どうなっていったのか?これにリンクするまた新たな作品もあれば良いのにな。全体的に漂う非現実な世界観になんか引き込まれてしまう。面白かった!

2014/07/06

ピロ麻呂

俗世から隔離された謎の組織…永代院で繰り広げられる男と女の愛憎劇。現代の源氏物語のようで、幻想的な世界に引き込まれていきました。「雨の塔」とリンクしてる…また読み返してみよう(^^)

2015/12/26

アイゼナハ@灯れ松明の火

都内にあるものの地図には記載されてない。当主永代由継と,その妻たち子供たち,彼らに使える召使いやバトラー,料理人に運転手たち,医療棟には医師も住み,常時数百人が居住するにも関わらず,上流階級の人々の中にしかその存在を知られることのない永代院を巡る連作短篇5話。高級ながらも閉じられた世界での耽美なお話かと思っていたので,とある週刊誌の記者が永代院の秘密に迫る『太陽の庭』からのドライブのかかった展開に見事に吊り込まれてしまいました。最終話の『聖母』も好みかな。請求書のお祈りだけでは神様も疲れてしまうのかも。

2013/05/14

感想・レビューをもっと見る