読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハロワ! (集英社文庫)

ハロワ! (集英社文庫)

ハロワ! (集英社文庫)

作家
久保寺健彦
出版社
集英社
発売日
2014-03-20
ISBN
9784087451719
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハロワ! (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユザキ部長

生きづらい。生き方も様々。話せば話し込むほど情もお互いに出てくる様がよく分かる。世の中はベタで難しいけど、そこにやりがいはあるのだろうと思う。かたくなに納得できるまで前に進まなくても着実に丁寧に接する姿勢は好感がもてるけど、彼女からしたらもの足らないんじゃない?

2016/06/16

chimako

【宿題本=お仕事小説】ハローワークの嘱託就職相談員 沢田信がいろいろな人たち(相談者や同僚)と関わるなかで成長していく正統派お仕事小説。「仕事の仕事」である職業安定所についてもよくわかるし、職を求める人々の心の裏側も垣間見える。が、ここに大人の恋愛が絡むと中学生には紹介しづらい。本棚から自分で見つけて読むのならば問題ないが、わざわざお便りを作って紹介するのは抵抗がある。音楽に関するコアな知識も中学生にはちょっと。宿題本でなければ面白く読んだと思う。が、宿題本でなければ読まなかったかも(笑)

2016/05/26

takaC

いわゆる「お仕事小説」ではなくて「お仕事青春小説」と言ったところか。登場人物も話もなんとなく中途半端。

2015/10/23

扉のこちら側

初読。2015年684冊め。ハローワークがどういったところか実はよくわからず読み出したが、お仕事小説として楽しめた。恋愛展開とか千堂のこととかはちょっと予想外で、なんだかしっくりこなかった。

2015/06/25

YU-PI

現在ハロワ利用者の私は皆どんな風に相談してるのか知りたくて読む事にしました。 しかし、昨日つぶやきで読むのを途中で止める‼︎と言いましたが…結局、最後まで読みました。先が気になってしまって…。 多分、先が気になるから読書って続くんですよね(笑) 私が求める答えは、ここには無かったかな⁈ でも結局自分なりの活動を、どう思われても続けるしかないという風に思いました。 前に進むしかない挑戦し続けるしかないと自分に言い聞かせてみます。

2014/04/14

感想・レビューをもっと見る