読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ある女のプロフィール (集英社文庫)

ある女のプロフィール (集英社文庫)

ある女のプロフィール (集英社文庫)

作家
藤堂志津子
出版社
集英社
発売日
2014-05-20
ISBN
9784087451931
amazonで購入する

ある女のプロフィール (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

巨峰

20代で死んだ彼女を、多数の男性の視点で語る。奔放で、たくさんの男を振り回していながら、本心を明かさない彼女に秘密はあるのだろうか。結構エロかったです。。。それにしても、毎回毎回最後までしてるのにずっと寝たふりってできるものだろうかねえ~~。反応すると思うのだけど

2017/01/27

Book・CaFe

29歳で事故死した容姿端麗で知的な商事会社の営業ウーマン諸岡多絵子。生前の男性たちとの関わりが章ごとに描かれている。多絵子の悪女ぶり(?)が淡々ながらも安定感のある文章で先を読ませる。初版が20年前で携帯電話が普及される前の作品。男女の連絡ツールはもっぱら固定電話と手紙のみ。読み終えて、時代が変わってこの現代社会が舞台ならば、多絵子はどんな悪女ぶりを発揮するのだろうかと想像してしまった。多絵子の家庭環境と生い立ち•家族構成が描かれてなかったのが残念

2014/08/07

主人公に振り回された男性達の短編集に思える作品。なぜ彼女は男性ごとに態度を変えれたのか………っ思えてラストを期待したんだけど、なんかラストは……うーんって感じで(笑)期待しすぎたかな。

2016/08/09

n.moon

若き日の恋の熱い思いが熟さなかったために、たくさんの放浪の恋をしてしまう。そこには偏った思いを乗せて。ひとりの女性の哀れにも思える恋の結末。私は面白く読めました。

2014/06/01

Cmas

20年近く前の本だったって、巻末の解説で知りました。

2014/07/08

感想・レビューをもっと見る