読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

あなたが愛した記憶 (集英社文庫)

あなたが愛した記憶 (集英社文庫)

あなたが愛した記憶 (集英社文庫)

作家
誉田哲也
出版社
集英社
発売日
2015-11-20
ISBN
9784087453782
amazonで購入する Kindle版を購入する

あなたが愛した記憶 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yunemo

まず、二人のヒロインを殺してしまうという設定に驚き。でもそれが、この著の根源に繋がるプロローグ。そもそもが遺伝的に記憶と人格の継承という、あり得ない状況設定、だからこそ、ホラーとのジャンルに入ってしまうのでしょうかね。この種の遺伝、血の継続、多重人格等々は、簡単には理解し難い分野、あまりにも現実と乖離してしまう、でもそれでいいんですかね。人の本質ってなんなんだろう、という問い。少なくとも、男とか女とか、若いとか年を取っているとか、こんな前提条件に惑わされずに向かい合うこと。やっと表題の意味を理解して読了。

2015/12/05

JKD

拘置所にいる曾根崎と猟奇殺人という怪しげなプロローグ。さらに謎だらけな民代の出現で話がどんどん展開していくからページをめくる手が止まらない。肉体を乗り継ぎ生き長らえる不死の魂!?これって「妖の華」に似てるなと思ってたら、そういや同じ誉田さん作品だったことに気付いた。最後まで飽きのこない安定感のある素晴らしい作品でした。

2016/01/03

まさきち

刑事物、SF小説、恋愛小説など多種多様な要素で構成された物語。遺伝的に記憶と人格を継承する人々という設定に少々混乱を来すとともに、序盤では強引さを感じていたものの、終盤の悲喜の入れ替わりの激しい展開の中で違和感は薄らいで徐々に引き込まれ、頁をめくる手の速さがましていった一冊。そして何より誉田さんが描き出す姫川玲子のような真のしっかりとした女性像を堪能することのできた話でした。

2016/11/08

扉のこちら側

2016年602冊め。猟奇殺人事件にまつわる正統派のミステリだと思っていたのだが、オカルト要素が入ってきてひっかかってしまった。しかしその後の読ませる展開でまた引き込まれる。冒頭の事件はそこに繋がるのか、と。

2016/07/29

りゅう☆

殺人を黙秘する曽根崎、誰かが飛び降り自殺図ってる?親指切断、レイプ後生理が来ると殺すという謎やグロさから始まる。忘れられない女性との娘と名乗る民代が曽根崎を訪ねて男性2人の行方を捜索依頼。天才児の正体は?民代の目的は?それぞれに残る記憶から全体像が見えてきて、行く末を容易に予測できるのに、ずっと眉間に皺寄せっぱなしでどんどん先を読んでしまう。終盤はガッツリ感情移入する前に端折った感あったけど、だらだら描かれるよりはいいかな?様々な愛に悲しさ切なさはあったが、これでよかったと思えるラストではないでしょうか。

2016/10/18

感想・レビューをもっと見る