読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おれたちの約束 (集英社文庫)

おれたちの約束 (集英社文庫)

おれたちの約束 (集英社文庫)

作家
佐川光晴
出版社
集英社
発売日
2016-05-20
ISBN
9784087454420
amazonで購入する Kindle版を購入する

おれたちの約束 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

文庫初レビューじゃないですか。怖いですね。おれのおばさんからずっと「おれたちシリーズ」にはまり込んでおりました。父親の不祥事から伯母さんの元で育った陽介も今回は高校生。仙台での寮生活で学生らしい生活を与えれた事を喜んでおりましたが東北大震災に出合う。一皮も二皮も剥けたようにも思えるが、陽介の本来の姿。父との葛藤も友達との友情のお陰で丸くおさまるようにも見える。勉強だけが人生じゃない、人とつるみ切磋琢磨できる友がいれば、それだけで幸せを手にしたようなもの。人との繋がりがどんなに大切か陽介を通して学んで欲しい

2016/05/24

ぐりぐら

久々のおばさんシリーズ。今作は仙台の私立高校に入学した陽介が描かれています。東北大震災に遭いますが、良い仲間や先生との出会いでますます逞しく成長する陽介。苦難ばかりでなく、キラキラとした青春を謳歌している雰囲気もあって救われました。親子の確執も乗り越えつつあるラスト。今後の陽介にますますエールを送りたい。

2016/06/15

メルル

陽介はついに児童養護施設から出て、高校生活を独りで送ることになる。けれど寮生活が始まり仲間に恵まれ、向き合わなければならない問題をクリアしていく。仲間との友情と家庭の問題や自分の気持ちそれぞれにぶつかりまた大人へと成長する。どんどん強くなる陽介が眩しい。温かい気持ちになった。

2016/06/23

http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2019/05/post-015663.html

2019/05/22

かんちゃん

逞しくなったもんだ。高校生なんてまだまだ中途半端には違いないが、それなりに考えることも動くこともできるようになる。清々しい読み味だった。

2016/08/10

感想・レビューをもっと見る