読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小説 ロボジー (集英社文庫)

小説 ロボジー (集英社文庫)

小説 ロボジー (集英社文庫)

作家
矢口史靖
出版社
集英社
発売日
2016-12-16
ISBN
9784087455267
amazonで購入する Kindle版を購入する

小説 ロボジー (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とし

ハートフルでほのぼのする作品でした。電機メーカーに勤務する社員が社長の気まぐれに振り回されながら、ロボット作り?に奮闘しています。一方、仕事をリタイアしたあるおじいちゃんは、頑固な性格が影響してか周囲と軋轢があり、暇を持て余しています。電機メーカーの社員とリタイアしたおじいちゃんが、ともに協力して大イベントにのぞみます。どたばたコメディーが軸にありますが、読み終えると感動します。正直苦しまぎれの設定でもありますが、続編がありそうな終わりかたで面白かったです。疲れたときに読むと癒されてホッとする作品ですね。

2016/12/26

sai

木村電器の新入社員・小林は、二足歩行型ロボットの開発を命じられたが、博覧会直前に大破させてしまう。その場しのぎで体型の合う老人をだまして中に入れ披露すると…。

2017/04/13

ふっかー復活委員長

スウェーデンの『幸せなひとりぼっち』などと対比させてみると面白い。同じ「頑固で偏屈」にも色んなタイプのお爺さんがいるな、と思える。でも皆、乗る時はとことんノルのだ。

2018/01/17

Masaru

文庫本で再読。実は私もエンジニア、知り合いにリアル「葉子」(女性のロボットエンジニア)もいたりして...楽しめました。そう言えば、初めてホンダのアシモ(二足ロボット)を見た時は、中に人がはいっていると思った事を思い出しました。

2017/02/23

めだか

最近矢口さんの映画を観ていて、ロボジーを観る前に小説を読んでみました。ウォーターボーイズ、スウィングガールズっぽく矢口さんらしい面白さで、映画を観ているようでした。映画も楽しみだ。

2017/01/19

感想・レビューをもっと見る