読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生協のルイーダさん あるバイトの物語 (集英社文庫)

生協のルイーダさん あるバイトの物語 (集英社文庫)

生協のルイーダさん あるバイトの物語 (集英社文庫)

作家
百舌涼一
出版社
集英社
発売日
2017-09-20
ISBN
9784087456424
amazonで購入する Kindle版を購入する

生協のルイーダさん あるバイトの物語 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カブ

優柔不断な大学生、勇。そんな勇にアルバイトを斡旋するのが、生協職員のルイーダ。そんなアルバイトあるの? なんだか怪しげ。はっきりしなくて、イライラする勇の成長物語?

2017/11/10

りんふぁ

優柔不断、二択ですらえらべばい主人公が、ルイーダさんに鍛えられてく・・みたいなwなんとなく勢いで読めちゃいました。

2017/11/17

barcarola

優柔不断な主人公・社本よりもルイーダさん他まわりの人たちに問題があるように思う。

2020/07/11

二者択一に悩む選択が出来ない青年"勇者"の話。ルイーダの酒場こと生協の食堂でクエスト(ブラックなバイト)を受ける。 ただ、ただバイトをしながら少しずつ成長する姿を描いているのかと思いきや、クエストには意味があり、全ての繋がりが分かった時に、本当の面白さが分かるようになっている。 ドラクエ好きなら、随所に散りばめられたネタにクスリとくるはず。

2019/02/05

数奇屋

はまらず

2018/07/07

感想・レビューをもっと見る