読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

短編伝説 愛を語れば (集英社文庫)

短編伝説 愛を語れば (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

集英社文庫編集部が選んだ19の短篇。三島由紀夫や小川洋子といった馴染みの作家から、こんな機会でもなければ手に取ることはなさそうな舟橋聖一や景山民夫という面々まで。手当たり次第というか、言葉を変えれば多彩な作家群である。作品のできもまた当然にバラつきが大きい。篇中では、現実と幻視が絶妙の交錯を見せる小川洋子「飛行機で眠るのは難しい」と、民話「鴬の里」を想わせる三島由紀夫のフォークロア「雛の宿」が群を抜くか。面白いのは、何の繋がりもなさそうな舟橋聖一と乃南アサとが発想の根幹を同じくしていること。

2021/11/07

KAZOO

さまざまな観点からの「愛」を集めた19編のアンソロジーです。ごく短いものから中篇くらいはありそうなものまで楽しめます。私は文豪といわれている吉行淳之介と三島由紀夫(既読)の作品がブラック的あるいは恐怖を感じさせてくれました。氷室さんの作品も幼い姉妹の心の様子をうまく描いていると感じました。白石さんの「秘剣」は他のアンソロジーでも読んで印象に残っていましたが、なんど読んでも最後はほろっとさせてくれます。

2018/09/25

ピロ麻呂

結構古い作品が多いんだけど、古さを感じさせない。恋愛小説のスペシャリスト、小池真理子さん、唯川恵さんはさすが!

2017/11/10

カブ

19編の愛の物語。多彩なジャンル、作家で楽しめた。アンソロジーは普段接しない作家との出会いも楽しみの1つ。時代小説は食わず嫌いだったが、「秘剣」がすごく好き。

2018/02/08

えっくん

★★★★☆小池真理子、江國香織、乃南アサ、山本文雄といった直木賞作家を初めとした19名もの豪華作家陣による愛をテーマにしたアンソロジー。ショートショートから時代小説まで、夫婦、姉妹、不倫相手と紡ぐ純愛や切ない愛、ブラックな愛など満載でした。お気に入りは、歳の離れた愛人から支援を受けるガラス工芸作家の物語「玻璃の雨降る(唯川 恵)」、父親に見放され剣術流儀の相伝を絶たれた武士が再生する物語「秘剣(白石 一郎)」です。報われず哀愁を感じたり、満たされてほっこりしたり…読後は色々な想いが込み上げた作品集でした。

2019/11/11

感想・レビューをもっと見る