読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明星に歌え (集英社文庫)

明星に歌え (集英社文庫)

明星に歌え (集英社文庫)

作家
関口尚
出版社
集英社
発売日
2018-03-20
ISBN
9784087457186
amazonで購入する Kindle版を購入する

明星に歌え (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

THEお遍路小説!それぞれの事情、悩みを抱えた学生達がお遍路を通して、自問自答しつつ何かを気づく姿は、読んでる自分には、彼らを遠くから眺めて成長する姿を見守った気分になりました。玲、花凜、剣也には感情移入しちゃい、涙腺が弱いから泣かされましたね。彼らの成長する姿を見てたら、おっさんになった自分にも、お遍路することによって、少しでも成長する余地があるのかなと思い、四国の自然の素晴らしさを感じながら、お遍路してみたくなりました。

2018/10/30

さつき

お遍路プロジェクトに集った見ず知らずの大学生たちが、班ごとに徒歩で四国八十八箇所巡りをするというストーリー。七班に集まったメンバーはそれぞれ様々な事情を抱えていました。日常生活では、こんな風に本音をぶつけ合うことってなかなか無いと思います。やはり千二百キロを歩き通すという極限状態だからこそ、自分自身とも仲間とも真摯に向き合うことができるのでしょう。こんな体験を私も若い頃にしたかったな。

2019/11/02

おかむー

これはオススメ掘り出し物、お遍路を舞台にした青春物語は直球な感動モノでしたよ。『たいへんよくできました』。大学生を対象としたお遍路プロジェクトに参加した6人の男女が旅をとおしてそれぞれの事情と向き合う群像劇。特定の誰かが主人公でなく、章ごとにひとりづつの視点に切り替わって描かれるのでそれぞれの内面に共感しやすくて好感触。実際に物語上軸になるのは記憶を取り戻したい玲、歌えない歌姫・花凛、いやいや参加するトラブルメイカー・剣也。苦しい旅のなかで自分の抱えるものと仲間との関係性が変わってゆく様が心に響きます。

2020/08/01

さおり

昨年すすめていただいた本。読んだことない作家さんやし530ページもあるし、びびって放ってあったんだけど、あまりにも時間があるので読んでみました。めちゃめちゃ良かったわ!お遍路ツアーに参加した大学生たちが、ただ歩くという日々の中でひとまわりもふたまわりも大きくなるお話。「未来は時間じゃないんだよ。時が経ったからといってたどり着けるところでも、まっていてくれるものでもないんだ」「未来ってのは、自分が向かった先に生まれるものなんだよ。まずは向かうんだ。そこに生まれるものなんだよ」彼らの未来、絶対に明るいと思う。

2021/01/14

ユメ

複雑な事情を抱え、どうにか今の自分から脱却したいと願ってお遍路に参加する5人の大学生。ひねくれたことばかり言っていた剣也は、お遍路を通して自分に起こった変化は仲間と出会ったことだと考えるようになる。その一方で、変わる前の嫌な奴だった自分も好きだと彼は言う。その考え方は私にとって目から鱗であり、とても大事なことのような気がした。トラウマで歌えなくなっていた花凛は、自分は変わる必要がないのだということを発見する。それもまたかけがえのない収穫だ。いずれにせよ、明星は自分の足で歩いていった先にだけ輝く。

2018/09/12

感想・レビューをもっと見る