読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日付変更線 上 (集英社文庫)

日付変更線 上 (集英社文庫)

日付変更線 上 (集英社文庫)

作家
辻仁成
出版社
集英社
発売日
2018-07-20
ISBN
9784087457636
amazonで購入する

日付変更線 上 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまき

君の側にずっといる。と躊躇いもなく言うような男が嫌いだ。だから、ニックや清春さんのように、未来ではなく、誠実に今に繋がる過去と向き合い続ける男のほうに惹かれる。 「永遠は未来にはない」とニックは言う。私もそれに同感だ。未来なんてものを見ているのは生き物の中できっと人間だけだ。私達が存在できるのはどこまで行っても今だけで、確かにあったのは昨日という過去だ。未来なんてどこにもない。あの戦争の只中で、日系人だけで構成された四四二部隊の中に彼等はいた。ハワイと日本の日付変更線を越えて、時間も越えて。

2018/08/24

げんまん

最初、少し読みにくい文章だと感じたが、難解な訳でもなく、読み進めるうち、読み応えのある文章だと気がついた。テーマも興味深く、下巻が楽しみです。

2018/09/28

あっきー

ハワイと恋愛それに戦史が3世代の時間軸で絡み合い、舞台も作者お得意の日仏に米伊と4カ国に跨り、たいへん読み応えがあったのだが、終盤、物語の布石回収に宗教が出てきたのはどうかなぁ、蛇足感。それより部隊の描写を広げるほうがすっきりと良い作品だなあと思えたのかもしれない。

2020/02/01

shun

http://theater-shun2001-hayaseworld.blog.jp/archives/2080256.html

2018/08/09

Tom

飛行機が日付変更線を行き来するように、物語は自在に「明日」と「昨日」を往来する。多様なバックグラウンドを持つ日系人たちの語りは、ばらばらでいるように見えて、実は強固な結びつきがあって、その結び目は「大いなる自然の力」である。読者もその力にのみ込まれ、ただうまく泳いでいくしかない。下巻はいかに。

2018/08/06

感想・レビューをもっと見る