読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

真昼の心中 (集英社文庫)

真昼の心中 (集英社文庫)

真昼の心中 (集英社文庫)

作家
坂東眞砂子
出版社
集英社
発売日
2018-07-20
ISBN
9784087457650
amazonで購入する Kindle版を購入する

真昼の心中 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ann

手放しで面白かった!江戸に生きる有名無名の女たちの「色事」をめぐる事件を、独特の解釈で抉る短編集。「男は刹那、女は灰になるまで」という思いが頭の中を占める。酸いも甘いも噛み分けたオンナが、秋の夜長に読むには最適の本書。できればR40で。だって解説はアノ「花房観音」だし。

2020/10/31

miwapicco

江戸の女性も楽しそう、、江島さんの感覚、現代ぽい(^ ^) といいつつ、お沙汰は怖い、、、 それぞれ、いろんな抑圧の中での生の烈しさが、生々しさがすごい。惜しい方を亡くされた、ほんとに?

2018/08/23

cozy

これが遺作か! 八百屋お七に油屋騒動など、江戸を題材にした有名な物語を、坂東眞砂子ならではの女の性に絡めた短編集に仕上げた作品。解説が花房観音というのも含め素晴らしい。この作品の解説にこれ以上ない、という人だと思う!坂東眞砂子は多くの作品で女の性衝動を描いていたけれど、他作品以上にエロス満開な本でした。ある種、坂東作品の遺作にふさわしい! 

2019/01/08

スイカさん

7人の好色な女たちと彼女らにからんだ男たちの悲運。なぜに女たちはかくもたくましいのか⁉️敬い畏れる存在だ。

2020/11/08

感想・レビューをもっと見る