読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ (集英社文庫)

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ (集英社文庫)

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ (集英社文庫)

作家
喜多喜久
出版社
集英社
発売日
2018-09-20
ISBN
9784087457902
amazonで購入する Kindle版を購入する

マダラ 死を呼ぶ悪魔のアプリ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

machi☺︎︎゛

マダラ、死を呼ぶ悪魔のアプリをインストールして見てしまうと殺人の欲求が止められなくなり人を殺してしまう。複数で見るとお互いに殺し合いをしてしまう。スマホが必需品となってる現代、なさそうでありそうな話で怖かった。途中から話が壮大になり過ぎて少し冷静になれた。うまい話には裏がある!!

2020/02/27

ゴンゾウ

アプリ版のパンデミック。インフルエンザウィルスのように感染して人を殺す殺人アプリ。拡大の段階で主要人物が感染するのが 痛ましいのだが、ゲーム感覚で読んでいるので。そんな感覚に冒された自分がこわい。 【ナツイチ 2019】

2019/08/07

のんちゃん

見ると人を殺したくなるアプリ、「マダラ」が世に出回り、世界的に人々は殺戮を繰り返す。開発者は自死した恋人の研究の為、マダラを作ったというが。ミステリーなので内容はここまでとするが、どうもラストがスッキリしない。途中までは構成的にも面白いのだが。開発者の知らず知らずの自己洗脳と恋人の研究の為のIT依存への警告と生活回帰の二本立てがマダラの生まれた理由でいいのだろうか。そこをもっと明確に示して欲しかった。しかしながら、2018年初版の本作。このコロナ禍の中で読むと少し異なりはするが予言の書でもある。

2020/07/30

そのぼん

『マダラ』というタイトルの得体の知れないアプリが巻き起こす事件を描いた物語。『この人が事件の真相を解き明かしていくのだろう』と思っていた人が簡単にというかあっけなく、何人も死んでいったのでかなり嫌な気分になりました。それでも何とか最後まで読み終えました。絶賛もできないけど悪くはない作品でした。

2018/12/10

ネコタ

面白かったけど、どうだろう、ちょっと現実にはどこまでできるんだろう、と疑問に思ったり。開いて映像を見ると人を殺したくなってしまうというアプリ。呪いのビデオの現代版みたいな感じかな。作成者がいなくなってもどんどん広がっていく。しかもそれが進化しながら。世界が混乱に陥れられる。SNSといった現代でのコミュニケーションのとり方への警鐘でもあるような気もした。

2018/11/01

感想・レビューをもっと見る