読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おいしい旅 夏の終わりの佐渡の居酒屋 (集英社文庫)

おいしい旅 夏の終わりの佐渡の居酒屋 (集英社文庫)

おいしい旅 夏の終わりの佐渡の居酒屋 (集英社文庫)

作家
太田和彦
出版社
集英社
発売日
2018-09-20
ISBN
9784087457933
amazonで購入する Kindle版を購入する

おいしい旅 夏の終わりの佐渡の居酒屋 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

榊原 香織

解説;恩田陸w ツィー、この方はぬる燗、鯵食い(あっさり系)。私は冷や、鮟肝とか。 京都では鱈の白子を雲子と言うのですね 私はバルンガ(ウルトラQ)て呼んでるけど。 ウィーン行き機内で風の森飲んだ話、今一番私的に注目の酒  コロナ前は旅先居酒屋巡り楽しかったのに

2020/11/18

佐々陽太朗(K.Tsubota)

例によって読み終えた後は行きたい居酒屋、食べたい食堂につけた付箋が数知れず。情報を記録しGoogleマップに☆印を付けるのに忙しい。次に京都に行ったときに「ハマムラ」の中華にするか「千登利亭」の鯖寿司にするか、はたまた祇園「平安」のカラシソバにするか迷うところ。  信州松本にも行くべき居酒屋が新たに紹介された。「満まる」である。もうまったく太田さんは追いかけてもとうてい追いつけそうもない。

2019/02/03

のぶ

太田和彦さんのおいしい旅の第2弾。週刊誌の連載の文庫化。今回は金沢・京都・仙台・佐渡・松本・東京と廻って最後はウイーンにも進出。太田さんの本はほとんど読んでいて、毎回同じような内容の感じがするが、不思議と飽きないし、マンネリ感に陥らない。しっかりした観察眼があるからだろう。今回はお酒の話はやや控えめだったような気がする。時折挿入されている料理の写真もおいしそうで食欲を誘う。しかしどの料理も値段が張りそうだ。取材で行ける太田さんが羨ましい。

2018/12/28

ひろ

オフ会での交換本。料理も、酒も、旅も好きなので、いただいたときに心踊った本。タイトルに佐渡とあるので、てっきりそこだけにスポットを当てていると勘違いしていた。実際は、金沢、京都など全国を巡り、果てはウィーンまでも足を伸ばす。各地の行きつけの店をふらりと訪れ、地元の肴と共にツイー…と日本酒をいただく。時にはその場で出会った人と話に花を咲かせる。こういう楽しみ方ができる人になりたい。

2020/03/29

miwapicco

金沢の!!あの、一度は行きたい!と思っている、 A木ご夫妻の投稿で垂涎の! ジビルバが出てきたーー! と言うだけで大満足。 ご両親のお話、ウィーン編、太田氏の手作りお昼ご飯、もあって盛りだくさん?

2018/10/10

感想・レビューをもっと見る