読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

暗夜鬼譚 血染雪乱: 血染雪乱 (集英社文庫)

暗夜鬼譚 血染雪乱: 血染雪乱 (集英社文庫)

暗夜鬼譚 血染雪乱: 血染雪乱 (集英社文庫)

作家
瀬川貴次
出版社
集英社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784087458329
amazonで購入する

暗夜鬼譚 血染雪乱: 血染雪乱 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

papako

シリーズ最新刊。夏樹と深雪はどうなるのかしら。そして一条には何か秘密がある?今回もあおえがいい感じで活躍して解決。真角くんもこれから活躍してくれそう。こちらのシリーズはどこにいくんでしょうね。まだまだ物語は動きそうにないけど。

2019/03/22

しゅてふぁん

今回の騒動はあっさりと終結した印象。この時代の都男共はなよなよしているから(勝手なイメージ(^^;)深雪の勇ましさが素敵☆姐御と呼んでもいいですか(´艸`*)ん~、夏樹にとって深雪はどういう存在なんだろう。それがいまいち掴めない。

2019/02/17

momi

あ〜面白かった!!シリーズ第四弾!!これ、20年前に書かれた作品なんて驚き!全然色あせてなくて…面白い!!切なく…ちょっぴり甘酸っぱい話もありで…普通の陰陽師の鬼退治の話だけではない!!あぁ、ますます面白くなってきて次が待ちどおしい〜♬

2019/01/25

ゆう

深雪~そんなあれこれ策略をめぐらしても夏樹はなかなか気づかないし、一歩進んで二歩下がるんじゃないかなぁ。近づいた気もするけど先は長そう。

2019/02/02

きょん

深雪ちゃんは夏樹君に恋の駆け引き頑張ってるけど、まだ道のりは遠そうですねえ。なんでも利用する呪詛の恐ろしさもさることながら、使った者たちを何のためらいもなく切り捨てる承香殿の女御親子が怖い。ところで女御は何で筍ばかり食べる事になったんでしたっけ?

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る