読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

バージンパンケーキ国分寺 (集英社文庫)

バージンパンケーキ国分寺 (集英社文庫)

バージンパンケーキ国分寺 (集英社文庫)

作家
雪舟えま
出版社
集英社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784087458336
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

女子高生のみほは、幼なじみの明日太郎が親友の久美とつきあいはじめてから、もやもやしてばかり。そんなとき、不思議なパンケーキ屋さんと出会う。くもりの日しか現れず、非処女のお客さんにだけドアベルが鳴るその店には、ポーカーフェイスな店主・まぶと、個性豊かなお客さんたちがいて──。恋と友情に悩むみほの見つけ出した答えと、お店の秘密が胸を甘く焦がす、特別なひと夏の物語。

バージンパンケーキ国分寺 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@勉強中

すごく不思議で、変な話だ。それなのに、生の力にあふれている。前向きどころではない、空中に向かって飛び立ってしまいそうだ。何なんだろう、これは。

2019/02/06

はるき

 うん、何か凄いもの読んだ。ファンタジー+青春の恋かと思いきや、かなりアクロバットな物語でした。枠にとらわれないのは凄いけど、読者を選びそう。

2019/01/22

Maki

本当にずっとずっと普通になるために努力してきたあの頃のわたしに捧げたい1冊。本当の自分を出せるひとなんてひとりしかいなかった。あのとき、これを読んでいたら、雪船えまに出会っていたら、わたしは違ったかな?バージンが開けるとドアベルが鳴る。曇りの日にしか見つからない。方位磁針がぐるぐるまわる。壊れている有線からの音楽。不思議な不思議なパンケーキのお店。幼なじみが親友と付き合いはじめた主人公。これだけだと少女漫画の世界のようだけど、描かれるのは人生観のような気がする。彩瀬まるさんの解説がまた最高!!

2019/02/13

mntmt

少し不思議で、若草の香りがした。

2019/02/24

メルル

幼馴染の明日太郎と親友の久美が付き合い初め、久美の態度の変化を感じる女子高生のみほ。そんな時に不思議なパンケーキ屋さんと出会い働くことになった。謎が多い設定の物語で、色々とモヤモヤ。明日太郎の気持ちもいまいち見えてこない。こんな関係を本当に築けるのか分からないが、ほんわかした三人なら上手く行くのだろうか。久美だけついて行けなくなる未来が見えてしまうのだが。みほの心が広いというのは理解できない。そういうことじゃないだろう(笑) でもパンケーキは美味しそう。

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る