読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

作家と一日 (集英社文庫)

作家と一日 (集英社文庫)

作家と一日 (集英社文庫)

作家
吉田修一
出版社
集英社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784087458343
amazonで購入する Kindle版を購入する

作家と一日 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

全日空の機内誌「翼の王国」の連載を一冊にまとめたもので、160ページ程度の本なので、すぐに読めてしまうが、いかにも機内で読むにふさわしいような肩の凝らないエッセイ集だ。内容は吉田さん自身の旅の体験だけでなく、日常の何気ない事を織り混ぜて綴られているが、そのバランスが絶妙だ。ポルトガルのビーチの事から、新宿ゴールデン街の事、飼っている猫との日常やらさまざまだ。吉田さんのエッセイは初めて読んだが実にうまい。優れた小説を書く作家の文章だと思った。本書以外にも出版されているようなので、ぜひ読んでみたい。

2019/02/15

papako

吉田修一ANA機内誌連載のエッセイ集。旅や温泉の話が多い。そんな旅の中から作品達がうまれているんだと思うとうれしくなります。残念ながら、連載中の、いやもう20年近くANAには乗っていないので、あとがきで書かれているような、知っている文章を見つけることはありませんでした。

2019/03/04

keroppi

吉田修一さんのエッセイ集。ANAの機内誌に書かれたものなので旅の話が多い。行く先々での話が短編小説を読んでいるようだ。その感性の豊かさ、人を見る眼の優しさ。吉田さんのエッセイもなかなかいいな。

2019/04/03

佐島楓

まじめで実直な方なのだろうと筆から想像いたします。そういえば、最近旅をしていない。

2019/01/21

pohcho

ANAグループ機内誌『翼の王国』連載のエッセイをまとめたもの。吉田さんは以前NHKのネコメンタリーで見た、まったく生活感のない暮らしぶりが印象的で、どこか浮世離れした、近寄りがたい雰囲気のある人かと思っていたけれど、エッセイを読むと気さくで優しくて、親しみやすい方なのかと。台湾グルメに温泉にタイ式マッサージ。とても楽しそう。私も一緒について行きたいくらい(笑)。ちなみにホーミーが歌える編集さんてすごい。

2019/02/13

感想・レビューをもっと見る