読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バラカ 下 (集英社文庫)

バラカ 下 (集英社文庫)

バラカ 下 (集英社文庫)

作家
桐野夏生
出版社
集英社
発売日
2019-02-20
ISBN
9784087458398
amazonで購入する Kindle版を購入する

「バラカ 下 (集英社文庫)」のおすすめレビュー

「夫はいらない。でも子供が欲しい」――ドバイの赤ん坊市場を訪ねる日本人女性…原発事故後のありえたかもしれない世界

『バラカ』(桐野夏生/集英社)

 もし東日本大震災による原発事故がもっと大規模な被害をもたらしていたら……。

『バラカ』(桐野夏生/集英社)はそんな「あったかもしれない」世界で生き抜くことを余儀なくされた少女の、数奇な運命を描いた物語だ。

 日本の地方都市に移民してきた日系ブラジル人の若い夫婦パウロとロサに、初めての子が授かった。「ミカ」と名付けられたその子は幸せいっぱいの家庭ですくすくと育ち、と言いたいところだが、神は彼女にそんなイージーモードの運命を与えはしなかった。

 パウロは大学まで出ているにもかかわらず、単純労働しか働き口がない現状に嫌気がさし、酒に頼る毎日を送っている。一人で慣れぬ育児を背負わされたロサは、ストレスのはけ口を求めて「聖霊の声」教会というプロテスタント系の新進教会に入れ込むようになった。ロサが高額の献金をし始めたことに気づいたパウロは、これ以上深入りさせないように、一家で好景気にわくドバイに移り住むことを決意する。

 そして、運命の輪は東京でも回り始めていた。

 テレビ局の制作部門で正社員として働く優子は、誰からも羨まれる境遇とは…

2019/3/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

バラカ 下 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

下巻に入って一気にディストピア小説の様相を呈してくる。これは、震災後にありえたかもしれないパラレルなSF世界なのか、それとも物語的な粉飾を施した現実世界のパロディなのだろうか。そこは、震災の被害を隠蔽し、来るべきオリンピックに狂奔する世界なのである。小説としてのリアリティには無理も感じなくはないが、それでもこれはまぎれもなく桐野夏生の描く世界だ。ページ数が少なくなっても結末が見えてこない。読者に与える焦燥感こそが彼女の真骨頂である。だから、エピローグの甘さは許そうと思う。

2019/11/18

カブ

東日本大震災で福島の原発で大きな爆発があり、日本の東側は放射能の警戒区域となってしまい、首都は大阪へ。復興という名の元に国家規模のイベントの影で、被曝したバラカという少女を通して人種差別、人身売買、宗教を描く。彼女の周りに起こる出来事が悲惨過ぎて、誰を信じていいのかわからなくなる。最後、ちょっとだけ希望を持たせてくれたのがよかった。

2019/06/08

Junichi Yamaguchi

『不満分子』… 数年前、「おもてなし」という言葉で勝ち取ったオリンピック。 その頃の自分と今の自分は仲良くはなれないだろうな。 桐野さんが描いた最悪の「if」の世界はオリンピック後の未来に少し陰を落としたように感じた。 僕が今、本当にすべき事。 僕が今、本当に願わなければいけない事。 胸に残るシコリは当分の間、消えてくれなそうだ。。

2019/04/05

ココ(coco)

☆ ☆ ☆★バラカ上下巻読了しました。震災から8年後の話で怒涛の展開で最後まで一気読みでした。色々な大人にあちこちに連れ回されて人間不信になっていくバラカの過酷な運命を貪る様に読みました。エピロ-グで微かな光が見えたのが救いでした。

2019/10/27

ココロココ

東北大震災をモチーフに書かれている。事実と異なることはあるのだろうが、事実に即しているところもあると感じた。バラカの抗えない運命にも関わらず、バラカが前向きに生きる力を与えてくれた周囲の人に感謝したい。利用する人される人いるけれど、そういう人ばかりでもないと思う。

2019/03/01

感想・レビューをもっと見る