読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界の辺境とハードボイルド室町時代 (集英社文庫)

世界の辺境とハードボイルド室町時代 (集英社文庫)

世界の辺境とハードボイルド室町時代 (集英社文庫)

作家
高野秀行
清水克行
出版社
集英社
発売日
2019-05-17
ISBN
9784087458787
amazonで購入する

世界の辺境とハードボイルド室町時代 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Aya Murakami

ナツイチ2019対象本 昔の日本って辺境だったのですね。中国がリアルな脅威の時期は中国を見習うことが熱心で中国の勢いが落ちると辺境に…。そして西洋が脅威になると西洋を見習うことに熱心に…。おおざっぱにいうと日本の辺境化って結構周りの大国に左右されているということなのでしょうか? 後、この本で「なぜ都市部が治安が悪くなる傾向があるのか」という謎が一つ解けました。田舎ものが流れ込んで顔見知りがいないことをいいことにやりたい放題するわけですね。一田舎者として反省の気持ちが…。

2019/09/05

優希

ノンフィクション作家と歴史専門家の対談が興味深かったです。接点もないような2人が今回語り尽くしたのは「現代の奇書」と言えると思います。分野は違っても新たな共通項の発見があって面白かったです。異分野から新たな出来事も見え、最後まで楽しんで読めました。

2019/09/04

本読みたぬき

世界の辺境を旅して書く作家と、室町時代専門の歴史家が意気投合して語りつくす本。既存の視点や枠にとらわれず、まさに縦横無尽。このお2人は(自称ではなく)本当に頭の柔らかい人達なんだなと思いました。こういうおしゃべり、いいなあ。

2019/09/13

HANA

ノンフィクション作家と歴史学者の対談。一見接点のない二人だが、違ったものを混ぜ合わせると美しい化学変化が起きるように、専門分野が混ざり合って滅茶苦茶面白いのである。それぞれのバックボーンがしっかりしているから成立するのかな。主な主題は辺境と室町時代だけど、それに留まらず幅広い知識を教えられるのがまた読んでいて楽しい。東南アジアの方だと古米が新米より高い事やインド奥地の私設関所と室町等、本当に読んでいて目から鱗の二三枚が落ちる気分であった。対談の醍醐味は止揚にあると思うのだが、その意味で実にいい対談だった。

2019/09/02

活字スキー

ノンフィクション作家の高野さんと、歴史家の清水さんによる対談本。一見、まるで畑違いに思えるお二人が、それぞれのやり方で「今、ここ」ではない目線で人間の本質に挑むお仲間だという事実に気付かされるきっかけとなったのが、特殊翻訳家である柳下毅一郎さんのツイートだったというのがまた面白い。時代と所が変われば人も変わる、そんな人間だからこそ逆に変わらないものもある。いつどこに生まれるかなんて選べやしないが、せめて「今生きてここに在る」という事実をありがたいものとして受け入れたいところだが……はてさて?

2019/08/18

感想・レビューをもっと見る