読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

椎名誠[北政府]コレクション (集英社文庫)

椎名誠[北政府]コレクション (集英社文庫)

椎名誠[北政府]コレクション (集英社文庫)

作家
椎名誠
出版社
集英社
発売日
2019-07-19
ISBN
9784087458992
amazonで購入する

椎名誠[北政府]コレクション (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おにく

椎名誠さんのSFは、代表作"アドバード"を読んだ友人が「訳が分からん」と漏らしていて、これまで敬遠してましたが、過去に近代戦争があった事を示唆させる"北政府"の世界観は、想像力に刺激を受けました。この独特の世界観は、全くの空想から産み出されたのでなく、作者のアウトドアの経験や、出会った人やモノも反映されていると思います。それというのも、"水上歩行機"に出てくる「目は全体に黄濁して、黒目との境界がない」という網元の人相は、いずれかのエッセイに出てきた現場監督さんと、特徴が一緒だと思い出したもので。

2019/08/13

時代

とてつもなくわけわからん。そうか!椎名のSFは苦手だったのを忘れてた!とんでもない世界だった✖️

2019/07/30

ばななな

夢中になってアドバードを読んだ頃を、懐かしく思いながら、楽しく読みました。 ホラはでかいほうが、いい!

2019/10/20

つよし

評価:★★☆☆☆ 同じ世界を舞台にしたSF短編小説集。 昔すごくハマった記憶があります。 改めて、どの作品も「すごいなあ」の一言です。

2020/03/06

犀門

No.134★★★☆☆シーナ隊長の作品は大方読んでいるが、やはりこの独特な世界は苦手なのだ。

2019/10/04

感想・レビューをもっと見る