読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勘九郎日記「か」の字 (集英社文庫)

勘九郎日記「か」の字 (集英社文庫)

勘九郎日記「か」の字 (集英社文庫)

作家
中村勘九郎
出版社
集英社
発売日
2007-11-20
ISBN
9784087462371
amazonで購入する Kindle版を購入する

勘九郎日記「か」の字 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

久しぶりに声をあげて笑ってしまうようなお話から、「これ、時効だよね? 大丈夫ですか?」とこちらがひやひやするお話、じんわりと涙ぐんでしまうお話、何でもござれ。平成中村座のニューヨーク公演成功のところは、一緒に胸が熱くなってしまった・・・行きたかった!

2013/01/31

610@書店員復帰を目指し中!

この本の読んで一番心に残った文章は「勘三郎の名前は大事だ。だが、夢を持ってはいくないことはない。勘三郎を襲名しても、私はとにかく夢に向かって走る。夢は、必ず叶うと信じているから。」である。勘三郎さんは本当にやんちゃなお方だ(良い意味で)歌舞伎のため、ファンのためにと新しい事に挑戦する姿が私は好きだ。

2012/12/08

本の虫

勘三郎という人物を好きにならずにはいられない本。なんとも愛くるしい人である。これまでの集英社からの書籍同様聞き語りの体裁をとっているので、まるでご本人が目の前にいて語りかけてくれているよう。まだまだこの人を見ていたかったな、と惜しまれてならないと同時に、これほどの人が50にしてなお、チャレンジングスピリットを忘れていなかったのだ。自分も頑張らなくては、と思わされる。

2013/08/19

やや

亡くなってから読んだ。名文家であることに驚いた。舞台を愛し、家族を愛し、友を愛し。酒を愛して夢に生きた人生に泣けた。

2013/01/22

めぐみ

十八代目中村勘三郎が勘九郎時代に書いた日記風エッセイ。愛車の“ノリゾー”(アストン・マーチン!)とのエピソードが好き。

2012/01/18

感想・レビューをもっと見る