読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

めがね日和 (集英社文庫)

めがね日和 (集英社文庫)

めがね日和 (集英社文庫)

作家
本上まなみ
出版社
集英社
発売日
2009-10-20
ISBN
9784087464894
amazonで購入する

めがね日和 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶち

著者の本上さんのことをあまり知らずに手に取りましたが、正解でした。読んでいて、懐かしい気持ちになったり、共感を覚えたり、ほんわかとした気持になりました。本上さんの飾らない文が好きです。平易な言葉で日常や思い出を綴っていて、特別なことが書かれているわけではありません。でも、独特の感性も感じます。その感性に、とてもシンパシーを感じるのです。特に、食べ物のことは... メンチカツのお話に登場するのは、きっとあのお店のこと。そして、近くの公園で熱々を食べる幸せ。この一文だけで本上さんを大好きになりました。

2020/12/05

ぶんこ

見た目ふわふわインドアな感じの本上さんが、フライフィッシング、登山、キャンプが好きとは意外でもあり、好感度アップでした。 特にいいなぁと思ったのがキャンプと読書と実家のオカン。 小さい頃からのワイルドなキャンプ経験は、親の影響大ですね。 本上さんの娘さんも将来楽しみです。 子供の頃、親といったキャンプ、結婚前にグループでいったキャンプと懐かしく思い出せたのが嬉しかったです。

2015/03/27

アロマ

本上まなみさんのエッセイ。鉛筆日和を通り越してこちらを先に。可愛い!ほのぼの、ほっこり、クスリ(笑)そんな作品。特徴的な擬態語や擬音語が所々に出て来て、いつの間にかほんじょの世界に引き込まれる。眼鏡の話には大笑い。ほんじょは小さな世界をたくさん持っていて、その世界が集まって多くを経験しているんだなってスゴイ〜って思っちゃう。しかも楽しそう。田舎育ちの人って魅力的。地球(自然)を何気ない日常を楽しんでるって感じで。旭山動物園には絶対行きたいな!ほんじょの様にのんびり観察してみたい。

2016/06/06

猪子恭治

へもへもと縁側で日向ぼっこしてる感じ。好きだな~。誰を責めるわけでなく、何か悩むわけでなく、ほのぼのとした子ども時代、多忙な中でも自分を見失わない確固とした今があります。過去のエッセイより、動きすぎの感はありあますが、現代には、貴重な生物だと思います。

2009/11/01

くらげ@

(☆☆☆)詩人の穂村さんのエッセイに時々登場することから興味を持ちました。自然、山、動物、本が好きなことがほのぼのとそして時にクスリとした笑いを込めて伝わってくる。柔らかな文章からその人柄が感じ取れ、読んでいると不思議に本上さんの声で読みあげている。こんなことはマツコ・デラックス以来かもしれない。それぐらいTVで観るイメージ通り。

2017/05/07

感想・レビューをもっと見る