読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン(3) (集英社文庫)

スタンド・バイ・ミー  東京バンドワゴン(3) (集英社文庫)

スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン(3) (集英社文庫)

作家
小路幸也
出版社
集英社
発売日
2010-04-20
ISBN
9784087465570
amazonで購入する Kindle版を購入する

スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン(3) (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

3作目ともなると、幾分かはマンネリの感もなくはないが、それでもまた少し時間が経つと、堀田家の人たちはどうしてるだろうかと気になり始めるのだろう、きっと。この巻のハイライトは「春」の章。碧濤館の「六波羅探書」のくだり。すずみさんの啖呵「てやんでぇべらぼうめぇ!!」に極まる。『ペーターソン中世植物彩色図』というのは、どうやら架空の書物のようだが、テレビドラマでは「ドドネウス草木志」として、16世紀の本物が使われたらしい。テレビの方は知らないのだが、なかなかやるな、といったところ。細部のリアリティこそが重要だ。

2016/10/26

starbro

♡東京バンドワゴンシリーズ完読プロジェクト! https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11307678?sort=book_count&order=desc 第六弾は、第三巻スタンド・バイ・ミーです。解説の通りサザエさん化が進んでいる気がしますが、本巻も愉しめました!すずみが粋です。スタンド・バイ・ミー♪ https://www.youtube.com/watch?v=rugmXGeBCDI 続いて第四巻マイ・ブルー・ヘブンへ。

2018/08/25

射手座の天使あきちゃん

よっ、待ってました、堀田家!! と大向うから声を掛けたくなる安心感と満足感(笑)、シリーズ第三弾です それにしても先頭頁の相関図凄い人数ですぅ、お食事シーンを読むだけでお腹はもう満腹!、毎話ご都合主義の円満解決にちょっと後ずさりですぅ(笑) まともな大人が羊の特殊メイクして街を歩かないでしょ!?、それと藤島さんお金の有意義な使い方、もっと他に沢山あるんじゃない!? <(^_^;

2011/03/27

佐々陽太朗(K.Tsubota)

人が生きていくにはLOVEが必要なんだねぇ。溢れんばかりのLOVEがねぇ。人はひとりじゃぁないんだねぇ。支えられて生きているんだねぇ。LOVEをもとめてはいけないねぇ。LOVEを欲しがっちゃいけないねぇ。LOVEは与えるものだよぉ。出し惜しみせず、それこそ溢れんばかりのLOVEを与えるんだよぉ。そうすれば空っぽになるねぇ。でも大丈夫だねぇ。ありったけのLOVEを与えていれば、必ずLOVEは返ってくるんだねぇ。そばに寄り添ってくれるんだよぉ。それが東京バンドワゴン・シリーズのテーマなんだねぇ。愛こそすべて。

2012/05/16

SJW

東京バンドワゴンシリーズ第3作目。相変わらず、賑やかな大家族のホームドラマ小説で読んでいてドラマ映像がはっきりと見えるよう。賑やかすぎて鬱陶しいのではと心配するくらい。しかし皆の忙しい会話や、面白おかしい生活の描写やミステリーに興味が引かれ頁を捲る手が止まらない。人情でいっぱいの堀田家の思いやりには涙腺が緩むこともしばしば。今回はすずみが啖呵を切るなど度胸の座ったところを見せたところと、英語に堪能な勘一に驚いた。またドラマで見ることができれば良いのだけれど無理かな。

2017/12/01

感想・レビューをもっと見る