読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

聖域捜査 (集英社文庫)

聖域捜査 (集英社文庫)

聖域捜査 (集英社文庫)

作家
安東能明
出版社
集英社
発売日
2010-12-16
ISBN
9784087466515
amazonで購入する Kindle版を購入する

聖域捜査 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

安東さんの警察小説ですが、以前読んだ本とは異なる生活安全特捜隊の班長が主人公です。シリーズになっているようです。この本には5つの話が収められています。殺人事件などが絡む部署とは異なって、地味な事件が多いのですがさまざまな話があり楽しめます。主人公の性格や部下たちの個性が光っています。

2021/04/02

papako

感想が気になって。あと他の作品が気に入っていたので。面白かった!捜査一課とかではなく、生活安全特捜部というところの班長になった長年制服警察をやっている主人公のお話。ちょっとしたトラブルから大きな事件が引きずり出されてくる。解決まで書かれていたりいなかったり。派手さはないけれど、じんわり味わえました。続編も読みます。

2015/05/23

えみ

正しい事をしても正義とはならない、矛盾だらけの不条理な世界。それが組織の貌なのかもしれない。少年事件、猥褻にサイバー犯罪等幅広い捜査が求められる警視庁生活安全特捜隊の班長・結城公一警部。職に忠実。正しい事を堂々とやって来たが故に、警察組織から疎まれ活躍する場を長年奪われてきた男。熱すぎる人ではある…が、だからこそ真面目一徹、優秀。彼を腐らせるなんて勿体ない!生特隊で漸く捜査が出来るようになった結城は、その自らの聖域内で個性的な仲間と共に事件を解決していく。地味な事案だけどその隠された本質を見抜く力、流石。

2020/05/28

coco

生活安全特捜隊が舞台の警察小説。ラストが結末のところまではっきり書かれないので、えっ!?ここで終わり?!と尻切れトンボのようで、少ししこりが残った。でも、地味ながらも一般庶民に近いところでの事件な分、興味を引かれた。

2014/07/09

うさっち

殺人などを扱う捜査一課のような花形部署に憧れを持ちながらも、生活安全特捜隊という派手さのない部署の班長になった主人公が捜査一課から軽んじられながらも部下とともに事件を追う短篇集。援助交際、ゴミ屋敷問題など地味な事件だけど、こういう事件の方が一般庶民の私たちには親しみやすいと思う。とりあえず続きも読んでみようかな。

2016/03/20

感想・レビューをもっと見る