読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夫婦公論 (集英社文庫)

夫婦公論 (集英社文庫)

夫婦公論 (集英社文庫)

作家
小池真理子
藤田宜永
出版社
集英社
発売日
2000-04-18
ISBN
9784087471854
amazonで購入する

夫婦公論 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

団塊シニア

夫婦で作家の痛快リレーエッセイ、日常生活の実際、家庭内の役割分担、好みの異性のタイプ、口説き文句等、藤田氏のおしゃべり、小池氏の負けずに言い返す様子が実況中継のごとく本書から伝わり、楽しく読める一冊です。

2013/02/14

佐島楓

深い信頼がないと、こういう本は出せないだろうな。

2011/12/07

がらがら姉

夫である作家藤田宜永とのリレー・エッセイ。毎日新聞に連載されていたものをまとめたもの。この中で真理子さんのこういう語りにがある。 『男性は配偶者のことを、妻/家内/女房/奥さんといろんな呼び方をするが、私は“妻”と呼ばれるのが好き “女房”という言い方は後日必ず男性の場合は変化を遂げる、「にょうぼう」から「にょうぼ」へ・・・』まったく同感!なんども頷いた私だった。

May

いい夫婦というより、いいコンビですねーと感じた。お互いが作家だからかな?

2011/06/23

黒猫

1995年に初めて出版された本。当時私は、、、小学生!!そんなに前に書かれたエッセイだったけど、夫婦というのはいつの時代も変わらないものなのか、共感できる部分も多々あり楽しく読めた。しかも、筆者の夫・藤田さんも妻・小池さんも直木賞作家だとか!どっちの本も読んだことないな。読んでたら、またこのエッセイが楽しく読めると思う!特に面白かったのは、女房と主人、女の涙、娘の父親、口説き文句あたりかな。

2013/08/05

感想・レビューをもっと見る