読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スクランブル (集英社文庫)

スクランブル (集英社文庫)

スクランブル (集英社文庫)

作家
若竹七海
出版社
集英社
発売日
2000-07-19
ISBN
9784087472165
amazonで購入する

ジャンル

スクランブル (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

15年前の事件を振り返っていく青春ミステリ。一番の謎は各章のタイトルがタマゴ料理?にした意味(笑)。

2015/12/18

セウテス

高校の文芸部仲間の結婚披露宴に、久しぶりに集まった6人が、語り手となり当時起きた殺人事件の思い出をなぞる。連作短編のスタイルをとってはいるが、ひとつの長編作品でも良いと思う。其々の女子校生の視点で話は進み、15年後の結婚式で殺人事件の真相が明らかになるという展開が、かなり興味深い。17歳で理解した現実も、今現在の状況も何も変わらない。しかし30歳になったからこそ、正しく物事を捉えられるという事も事実なのだ。犯人当てのミステリではないし、犯人が裁かれる話でもない。私にも今ならば解るのに、という青春は在った。

2020/10/19

きっしぃ

高校時代に起こった殺人事件、その真相が明らかになる15年後のある結婚式会場。文芸部の6人をそれぞれの章ごとに視点と探偵役を変えていく構成はすごく凝っているけれど、なかなか誰が誰だか把握が出来なくて苦戦した。どんでん返しはあるけれど、この事件を解決出来ないなんて警察は何をやっていたのだろう…。女子高生ならではの心理描写はあるあるで面白かったので、ミステリーよりは青春ものって捉えたほうがいいかも。

2017/08/20

とも

★★★もう一度読めば、もう少し評価は上がるのだろうが、登場人物の呼び方が苗字だったり名前だったり、あだ名だったりで、誰が誰かをリンクさせるのに必死で、内容にのめり込めず。よくある推理小説のように、裏表紙に登場人物と簡単な説明書きがあればもう少し楽しめたのだろうが。

2014/11/19

紅はこべ

デビュー作の『ぼくのミステリな日常』にも同じ文芸部が出て来るが、違いはマリンこと七海がいないこと。同じようで違う世界?私も高校時代にこんな本好きの仲間が欲しかったな。10代の頃は本好きというのが恥ずかしかった。何でだろう。

感想・レビューをもっと見る