読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界青春放浪記 僕が11カ国語を話す理由 (集英社文庫)

世界青春放浪記 僕が11カ国語を話す理由 (集英社文庫)

世界青春放浪記 僕が11カ国語を話す理由 (集英社文庫)

作家
ピーター・フランクル
出版社
集英社
発売日
2002-04-18
ISBN
9784087474350
amazonで購入する

世界青春放浪記 僕が11カ国語を話す理由 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tadashi_N

自由のありがたみは、自由のない状況を知らないと理解できない。会社の近くに住んでいるので、会えるかも。

2016/02/07

sabosashi

ユダヤ人であること、ハンガリーで生まれたこと、これはまさに二重苦とでもいえるような話。  第二次大戦前、大戦中、にユダヤ人がどんな目にあってきたか、何度でも繰り返して語られるにあたいする。  あまりの過酷さのなかで生きるがゆえ、信仰を喪い、無神論へとはしることになる。  しかしこのピーター、おそろしく頭がよい、まるでお伽噺でも聴いているかとおもうほど、知力を発揮。  その環境の苛酷さに対する個人的能力の卓越、というストーリーでこの本はひとつの文学へと昇華しているともいえる。

2019/06/02

柏もち

ハンガリー出身の数学者で大道芸もするユダヤ人の、半生を綴った自伝。共産党圏の生活についても詳しく書かれている。また祖父、父、他様々な数学者の過去についても語っている。面白いのは前半分で、とくに著者の父の話が興味深い。彼ほどの度胸と機転と知識がなければ死ぬというのだから、ユダヤ人に頭の良い人が多いのは必然だと思った。著者の父と比べると、著者からは不思議と日本のゆとり世代と同じ香りがする。そして最後にこの本についてどうしても言いたいことは、もっといい表紙はなかったのか?ということだ。

2016/02/29

たか。

彼が日本に来た理由も知りたくなった。ユダヤ人の差別の話は興味深いというか、闇が深いというか。。。酷い話だと思った。ちょっと不思議だったのが、ヨーロッパにおいてユダヤ人とユダヤ人以外ってどうやって見分けているの?見た目?言葉?態度?ちょっとその辺の謎が残りました。

2014/10/17

バーベナ

社会主義国ハンガリー出身の数学者であり、大道芸人。研究内容について理解してくれるのは世界で5人ほど。孤独を癒すのは、人と触れ合えるジャグリング。亡命前の彼の頭の中は『数学・女の子・兵役逃れ』のような・・・彼が11ヶ国語を話すのも、各国で数学について講演(滞在費や渡航費が浮かせる!)をする必要に迫られて、&人と仲良くなるために習得したという・・・。中に出てくる数学者:エルデシュも凄い人生。内容が濃くて、衝撃を受けっぱなしの自伝でした。

2013/01/11

感想・レビューをもっと見る