読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (集英社文庫)

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (集英社文庫)

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (集英社文庫)

作家
島田荘司
出版社
集英社
発売日
1987-10-20
ISBN
9784087492620
amazonで購入する

漱石と倫敦ミイラ殺人事件 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

財布にジャック

漱石とホームズという豪華キャストなのに、笑えるっていうのが吃驚です!ホームズのファンに怒られそうなホームズ像なんですけど・・・それでもシャーロキアンの島田さんだからこそ、愛すべきキャラクターに感じさせてくれます。そして、漱石とホームズの別れの場面でホームズがヴァイオリンを奏でるという演出がとっても素敵でした。ミステリーファンは勿論、ミステリーはちょっとという方でも、充分に楽しめる作品です。

2010/09/12

勇波

20数年振りの本書です。再読とは思えない程に楽しめました。ホームズや漱石に特別愛着がある訳じゃないけれど、鳥肌立つくらい面白かった。20世紀初めの大英帝国とこれから時代を築いてく作家がうまく噛み合ったのかな。。脳内ではホームズさんが犬になったり(ジブリのやつ)、御手洗さんになったりで大忙し。すべての場面で胸が熱くなった。ほんと再読して良かった★

2018/05/06

Yu。

心を病んでいた漱石は、これまた心を病んでいたホームズと、ある事件を通じ出会うべくして出会い、本来の自分を取り戻していく史実と創作とを織り交ぜた本格ミステリ。。漱石さん、容姿の問題もそうだけどさ、他の国の文化風習を受け入れる事の難しさって、なにも昔に限った事じゃないんだよね(*´ー`*) アナタ ダケジャ ナイヨ。。‥そうそう、ワトソンさん、お疲れ様‥ いろんな意味で貴方が本作一番の功労者だよ。。

2019/10/29

つたもみじ

何度目かの再読。シャーロッキアンである著者によるホームズのパスティーシュ。漱石とワトスン両氏の未発表原稿が交互に並べられ、それぞれの視点で物語は進んでいきます。留学していた英国で亡霊に悩まされ、シャーロック・ホームズに相談に行った夏目が遭遇する『ミイラ事件』本格としては少し軽めだが面白く、漱石視点での前半のホームズは完全に危険人物。身長と女装の件や最後の事件の矛盾点などニヤリとする場面も多い。漱石の文章もドイルの文章もとても「らしく」て良い。ラストの猫やバイオリンの件、スッキリした纏め方で読了感も良し。

2015/02/19

マッちゃま

なるほどねえ〜の凝った作品。ロンドンへ留学中の夏目漱石。漱石の下宿先に夜毎に聞こえてくる声を不審に思い、恩師に紹介されてベーカー街221ーBへ訪れる。名探偵シャーロック・ホームズと文豪 夏目漱石が出会うのである。この設定でニヤニヤしちゃえますよね。ワトソンが描くホームズ側の記述と夏目が描く側の記述で交互に進み、ほぼ内容は一緒の様な違う様な感じで、さてココに物語のミソが隠されているのか?なんて思いながら読んでいました。密室から現れるミイラ殺人は島田氏らしい奇想な展開。シャーロキアンじゃなくても楽しめますよ♪

2020/05/04

感想・レビューをもっと見る