読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エデンの園 (集英社文庫)

エデンの園 (集英社文庫)

エデンの園 (集英社文庫)

作家
アーネスト・ヘミングウェイ
沼澤 洽治
出版社
集英社
発売日
1990-11-20
ISBN
9784087601947
amazonで購入する

エデンの園 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

辺辺

読解力と語学力を問われる難しい作品。純粋に文学作品として読むには原型だった全文が訳されてない遺作なので、何とも言えない読後感。

2014/09/02

Holden Caulfield

ヘミングウェイの没後出版された単行本、 「移動祝祭日」 「海流のなかの島々」 「危険な夏」 「エデンの園」 以前から何度もレビューで語っているが、 ヘミングウェイは特に好きでもない、 今回 まだ未読だったので購入、 毎度の事ながらアブサンを呑みたくなる…

2019/03/19

訃報

小説内小説ではヘミングウェイの小説作法が語られていて勉強になった。男しか登場しない、暴力と荒涼とした自然のマッチョな小説内小説、書いている作家は女にほとほと困り果てているんだなというのがよくわかって笑えるが、主人公の少年が父のマッチョさに逆らってるあたり、やっぱなんとか男を否定して女を理解したいという気持ちもうかがえて、かわいいオッサンやなと。それはこの小説で女を男の理想のヒロインではなくいかにも生の女らしく描こうとしてるヘミングウェイ自身の姿勢でもある。実際、現実でも女に苦労していたそうで笑

2013/10/14

I

男性に近い見た目になろうとしたり、夫婦間に新たな女性(マリータ)を連れてきたり、夫のいる状態で同性愛をしてみようとする妻キャスリンの精神状態が複雑で理解しづらかった。振り回される夫とマリータがかわいそうだし、キャスリンも自己との葛藤で苦しい部分はあったんだろうと思う。飲酒の場面が多くてお酒を飲みたくなる。

2020/05/20

ポポ

新婚の妻公認の、いや、公認というより妻にそそのかされての、妻と美女と夫の三角関係。その異常な設定の中での、男の快楽の園の物語かいと思いきや、夫は意外にノーマルな感覚の持ち主で、異常な設定が単に読者の性的興味をそそるというような内容ではなく、読み進むにつれて崩れていく夫婦の関係が実にリアルで面白かった。なんでも妻の要求に従ってきた夫なのに、最後には自分の作品も焼かれ、自意識もズタズタにされ、実に哀れだ。極端化されてはいるが、多くの女が奥に秘めているであろうエゴと残忍さがよく描かれているような気がした。

2018/11/27

感想・レビューをもっと見る