読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

作家
ミラン・クンデラ
千野栄一
出版社
集英社
発売日
1998-11-20
ISBN
9784087603514
amazonで購入する

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遥かなる想い

「プラハの春」の時代の東欧の重苦しい 雰囲気とは裏腹に、 外科医トマーシュは女性との関係にうつつを 抜かす。 全てが「軽い」トマーシュを通して、著者は 何を描こうとしたのだろう..男女の関係も ひどく軽く、だが会話は哲学的で この アンバランスさが本物語の特徴なのかも しれない。テレザとの関係も不可思議で 読者素知らぬ顔の、堂々の物語だった。

2016/07/18

ヴェネツィア

タイトルにも表れているように、多分に理屈っぽい小説だ。物語の時間の進行も、直線的に流れて行くことはない。行きつ戻りつしながら、また時おりは夢が現実に混入したりしながら、全体としてはたゆたうように終息に向かって行く。「軽さ」に価値が置かれているのだが、物語世界はかつてのチェコの政治状況の中で重く暗い。チューリッヒへの脱出を果たしながら、プラハに戻り、さらには辺境の村へ。トマーシュとテレザの生は、はたして重かったのか、あるいは「存在の耐えられない軽さ」の内にあったのだろうか。奇妙で不思議な読後感の小説だ。

2013/03/18

夜間飛行

人生から恋を閉め出したトマーシュが、自分のベッドで発熱した田舎娘に同情する。彼女との関係は一度きりの人生の問題だが耐えられないほど軽い偶然でもある。そのテレザは母の生から自分の生を切り離すため偶然を求め、もう一人の女性サビナは裏切りに美と真実を見出す。人はそれぞれの軽さを生きるしかない。この小説を読むと愛の中の絶対的孤独に気づかされる。愛の場面にそっと挟まれる比喩やさりげない情景は愛への賛歌というよりむしろ哀惜である。動物の死をこんなに愛情深く書いた小説を知らない。それは人の愛に対する葬送歌にして誕生歌。

2018/09/02

優希

深く哲学的に恋愛を語っている印象です。登場人物は少ないのに展開は濃密。繰り返されるモチーフがあり、そこに正面からテーマをぶつけてくるようでした。人間という存在は軽さでしかないのか、それともたった1度の人生におけることが限りない軽さなのかを考えさせられます。弱く、重くなろうとすることで、軽さから逃れる道を見つけようとしているようでした。愛において重くなることで軽さを求め、軽くなることで重くなろうとする。そんな狂想曲が流れているような究極に迫る恋愛小説のように感じます。だからこそ美しいのかもしれません。

2016/08/12

扉のこちら側

2016年106冊め。【128/G1000】小説とは思えない書き出しで始まり、その後も永劫回帰についての記載が続く。タイトル=主題。「重さは本当に恐ろしいことで、軽さは素晴らしいことなのか?」と。社会主義と、対する民主化の強大な反動下の激動のプラハに育った作者にとっては、19世紀ドイツから興った「Kitsch」は俗悪なる「軽さ」を標榜するものだったのだろう。Die Lebensspanne ist dieselbe, ob man sie lachend oder weinend verbringt.

2016/02/16

感想・レビューをもっと見る