読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風の影 下 (集英社文庫)

風の影 下 (集英社文庫)

風の影 下 (集英社文庫)

作家
カルロス・ルイス・サフォン
木村 裕美
出版社
集英社
発売日
2006-07-20
ISBN
9784087605099
amazonで購入する

風の影 下 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

最後まで読んでしまいました。最初はあまり気乗りがしなかったのですが(本当は本についての話だと思っていたので)、この作者のストーリー手リングの才能が結構あると感じました。「オペラ座の怪人」を思い起こしながら読んでしまいました。

2014/03/17

ペグ

「忘れられた本の墓場」で少年ダニエルが見つけた一冊の本「風の影」。スペイン内戦時のバルセロナで謎の作家フリアン カラックスの人生を辿る。現在のダニエルと重なる様なカラックスの生き様に心が震える。登場人物達!特にフェルミンが話し出すと物語が生き生きと動き出す。冒険、サスペンス、ロマンス〜色々な魅力をそなえた一大ロマン。この(物語)を堪能しました。オススメです(^_^)v

2017/06/07

Willie the Wildcat

登場人物1人1人が背負う運命を受諾する過程の愛憎。きっかけとなる罪と、終焉となる罪。齎される罰の深みと心の傷の癒し方、ミケルとフメロの差異が象徴。本の焼失も罪の償いという感。故に、Ironyな”墓場”なのかもしれない。興味深いのが父親像。言葉にしない子供への愛情と苦悩。物心に渡る親子の距離感。距離ができてしまった過程と意味が印象的。言葉にできない、言葉にしない辛さと後悔を感じざるをえない。唯一の救いはダニエルが”導く”痛みの緩和。蛇足だが、フェルミンが番人になると、”墓場”も明るくなるかな!?(笑)

2017/04/15

mocha

古書の作者フリアンの足跡を追い、自身もなぞるような人生を歩んでいることに気づくダニエル。顔のない男、悪魔のような刑事は元より、誰も彼もが暗い秘密を抱えていて、フェルミンの道化師ぶりに救われる。重層的でロマンに溢れた物語。この時代のバルセロナが持つ濃い影と合わさって、とても面白かった。

2021/03/26

のっち♬

「戦争は、忘れることをえさにして大きくなっていくのですよ」—徐々に明らかになるにつれて、重なり合っていく登場人物たちの足跡。内戦下の都市を支配する恐怖のシンボルともいうべき刑事フメロが不吉な影を落とす。「七日後に、ぼくは死ぬことになる」からの展開は怒涛の勢いで加速し、巧緻かつ愛憎入り乱れたシナリオに引き込まれる。中でも『亡霊の回想』は痛切で、高潔な友情や愛情が情念をこめて描かれている。決して明るい物語ではないが、希望と力強さを感じさせる大団円。詩的で美しい表現を交えながら、終始本への愛を感じさせる作品だ。

2020/09/04

感想・レビューをもっと見る