読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダロウェイ夫人 (集英社文庫)

ダロウェイ夫人 (集英社文庫)

ダロウェイ夫人 (集英社文庫)

作家
ヴァージニア・ウルフ
丹治 愛
出版社
集英社
発売日
2007-08-21
ISBN
9784087605358
amazonで購入する

ダロウェイ夫人 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遥かなる想い

ダロウェイ夫人を取り巻く ロンドンの上流階級の人々 の物語。 けだるい雰囲気が全編を 包み、ダロウェイ夫人の 思い出がひたすら続く。 51歳のダロウェイ夫人が 語るかつての日々は、 映画で昔よく見た イギリス社交界の空気に 似て、退廃的で日本人には 遠い世界のよう…1925年に 書かれたこの本、ウルフは 「時間」を書きたかった ようだが…正直意識の 流れるについて いけなかった、というのが 実感だった。

2015/09/20

zirou1984

ひとつの時に声を封じ込めよう。か細き声も、声にならぬ声も。ひび割れてしまった繊細さの持つ美しさもそのままに。清々しい朝を迎えた6月のロンドンのある1日、その中に秘められた無数の内面のタペストリー。滑らかなシルクに触れた時の、自身のざらつきに対するおののきに少しばかり怯えながら、それでも引き込まれてしまう感覚。願う人、憂う人、妬む人、痛む人。パーティーの終わるその時まで、それぞれの内面が現れては消え、誰も知らぬところで触れては結び重なり合ってゆく。それは読書の喜びであり、言葉の喜びそのものでもあるのだろう。

2016/01/22

ぽてち

人から借りた本で読む。全編、意識の流れということも手伝って、付箋の箇所を思うに、人をここまで知ってもいいものかと思うくらい魂レベルで知ってしまったような特別な体験をした。 追記。自分自ら生まれるものなんて皆無に等しくて、あるのは心(意識)と外側からの影響。その刺激が多いほど、意識は移り変わり混沌としていくこと。言語として発信した言葉がどれほど気持ちのごく一部しか表せてにいのかということを思い知らされた。

2019/12/05

ぺったらぺたら子

作中でピーターが作品世界を俯瞰するかの様に「ひとつの超越的な理論」と語る通り、世界を無機物や音、空、街の雑踏、過去や未来、といった環境的なものの群像的な響きと関係性の中に捉え、偶然性の中に偏在する全体性を再現する試み。無意識はその信号と繋がり、そのアルゴリズムを解しているが、自我は常にそれらを撹乱し、場との繋がりを破壊する。全体性に対する捧げ物であると同時に、それに拮抗する個や人為の創造性として、クラリッサはパーティを開くのだろう。それはキリスト教的な物語を喪失した時代においての、無宗教の祭礼とも言える。

2020/08/16

若布酒まちゃひこ/びんた

この1日。

2017/01/24

感想・レビューをもっと見る