読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日はまた昇る (集英社文庫)

日はまた昇る (集英社文庫)

日はまた昇る (集英社文庫)

作家
アーネスト・ヘミングウェイ
佐伯彰一
出版社
集英社
発売日
2009-06-26
ISBN
9784087605778
amazonで購入する

日はまた昇る (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テツ

情熱の国スペインを舞台にアメリカの富裕層の若者の姿を描くヘミングウェイの初長編。第一次大戦後に青春を迎えロストジェネレーションと呼ばれた自堕落で無気力な若者たちの退廃的な日々。恋も人生も全てが虚しい彼らと生と死が一瞬のうちに交錯する闘牛との対比。激しい物語があるわけでもなく胸打つようなロマンスがあるわけでもない。ただ自堕落で無気力な若者(たち)に見切りをつけブレットは若き闘牛士と駆け落ちをする。ヘミングウェイがこの物語を通して何を描きたかったのかについて当時の世相も踏まえて考えてみるのも良いかもしれない。

2017/07/26

すのさん

ジェークもコーンもブレットもどこかやるせない感じが伝わってきた。どこに向かえばいいのかがわからなくて、もやもやしてて途方にくれている感じ。釣りのところやフィエスタのところではすごく活気があって、生き生きとしててそこはすごくキラキラしてて溌剌だった。でもその熱狂から一歩離れたところにジェークは立っているという印象だった。ロバート・コーンの嫌われ者っぷりがすごくて気の毒。ユダヤ人差別というのが所々大っぴらに表れてて、それがすごく驚き。この時代の雰囲気を感じられる。何回も読み直してみたい。

2018/05/02

YJ

難しかった…

2014/10/05

けんいち

会話の流れや言いまわしがやや分かり辛く苦労したが、全体に漂う若者たちの不完全燃焼感、やるせなさは伝わってきた

2009/09/15

wei xian tiang

今まで世になかった 新しい文体に触れた読者の受けた衝撃というのは、既にその文体が当たり前のものになってから生まれた後世の我々にとって想像するのも難しい。様々な作品に触れ選択できる自由の代わりに、創造や変革の瞬間に立ち会う感動は予め失われている。この作品もそんな意味で、あまり心動かされることがなかった。 それにしてもよく飲むこと。

2019/07/04

感想・レビューをもっと見る