読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人形は指をさす (集英社文庫)

人形は指をさす (集英社文庫)

人形は指をさす (集英社文庫)

作家
ダニエル・ゴールマン
Daniel Cole
田口俊樹
出版社
集英社
発売日
2017-09-20
ISBN
9784087607390
amazonで購入する

人形は指をさす (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しましまこ

表紙買い。6人の死体を縫い合わせ吊るされた死体、殺人予告リスト、27日間に27人の女性を連続で焼殺... あまりの派手派手にスゲーとつぶやきながら読了。深く考えちゃダメだ。(笑)

2017/09/24

ハスゴン

分厚いですが、設定が良かったですね、続編があるようですがどうなりますか?

2018/02/10

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

殺人に次ぐ殺人、屍体に次ぐ殺人で、心折れている時に読むものではないなー、とは思ったけど、積ん読が他にないので粛々と読んでいました。6人の屍体を継ぎ合わした屍体。予告されたにもかかわらず防ぎきれない殺人。常に後手後手に回る捜査。次々と事件が重なり、捜査している人々と同時に読んでるこちらもへとへとになる。ただーし、ちょっと荒唐無稽過ぎではないだろうか。あまりに現実感がなく、その為にゾクゾクする怖さがない。うーむ😑

2018/09/13

ロア

あまり深く考え過ぎず、流れに身を任せてハラハラドキドキしながら一気に読むのが正解!(∩^ω^∩)続編出たら読みたいです。

2018/05/04

あかぽち

27日で27人の少女を殺害した、連続殺人鬼の裁判から始まるプロローグ。そして4年後の現在に起きる、連続予告殺人。前半はとにかく犯人の抜け目ない行動に鳥肌が立ち、すごく面白かった。主人公のウルフ刑事と仲間の刑事たち、ウルフの元妻やら、個性的すぎるメンバーも楽しめる。ただ後半は少し混乱した。犯人は最後まで狡猾でいて欲しかったな。でもデビュー作でここまで書けるって凄い。次作も楽しみだ。

2017/12/06

感想・レビューをもっと見る