読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

パールストリートのクレイジー女たち (集英社文庫)

パールストリートのクレイジー女たち (集英社文庫)

パールストリートのクレイジー女たち (集英社文庫)

作家
トレヴェニアン
江國香織
出版社
集英社
発売日
2018-05-18
ISBN
9784087607499
amazonで購入する

パールストリートのクレイジー女たち (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tetchy

2005年に亡くなった覆面作家トレヴェニアンの遺作。彼自身の回想記のような自伝的小説だ。生きている間に少しでも多くのことを語り、記録しようとしたのか、改行が非常に少なく、文字でぎっしりと埋め尽くされており、取り留めがない。こんな自伝的小説を作者はなぜ書いたのか。それは彼が覆面作家だったからではないか。作品は知られているが、その実態を知られていない彼が、最期に自身を作品にしたのだ。覆面作家の厚いヴェールの下に隠された人生。彼の作品の一読者としてけじめをつけるために読むべき作品だと読み終わった今、そう思う。

2019/01/27

S

むかし自分たちを置き去りにした父が待っていることを信じて、遠い街へ引っ越してきた母子三人。裏切られ、ひどい侮辱や軽蔑を経験しながらも、ただでは起きない反骨精神とエキセントリックさで、強く生きている彼らに夢中になる。貧困や戦争のなかで、誰もが自分をここから連れ出してくれる船がやってくる日を夢みている。そして、人生は終わりの日を迎えるとき、必ずそれはやってくるのだ。さまざまな色や匂い、景色、騒々しい日々を、ほろ苦くも優しいノスタルジーで包んでいるように感じるのは、訳者の持ち味も利いているのだろうか。

2018/12/20

Saki

恐慌から第二次世界大戦に向かうアメリカのスラム街を舞台にしたお話。貧しさ、戦争、そういったものでクレイジーになってしまう女性たちが描かれているのだけど、自分が女性だからか、ここに登場する男性も十分「クレイジー」に映る。 全体的に貧しい描写が多いので暗い。主人公もいじめられたり必死に働いたりと苦労が絶えない。だからこそ、お金を分割で払って手に入れたラジオとか、靴磨きで貯めたお金で母に贈ったティーセット、日常のちょっとした贅沢品についての描写は温かくてそこだけ明かりが灯ったように明るい。その対比も美しい作品。

空飛び猫

貧困層に生きること。 親からの自立。 夢や希望の持ち方。

2018/11/17

miaou_u

この時代に生きたトレヴェニアンのみならず、多くの少年少女が、このような家庭環境にあって、その視点で生活を、アメリカを、世界を、埃っぽい空気の中で、冷静に見据えながらもがいているさまが、同じ高さで歩いているかのように文面から浮かんでくる。江國香織さんならではの静かな語り口の翻訳の影響も大きい。というのは、ここに登場するお母さんが、江國さんの作品『神様のボート』のお母さん像と重なるから、というのも感じたりいたしました。

2018/10/23

感想・レビューをもっと見る