読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

みかづき

みかづき

みかづき

作家
森絵都
出版社
集英社
発売日
2016-09-05
ISBN
9784087710052
amazonで購入する

「みかづき」の関連記事

「来年まで待ちきれません!」 高橋一生、永作博美で森絵都『みかづき』ドラマ化決定!

『みかづき』(森絵都/集英社)

 森絵都の小説『みかづき』が、高橋一生と永作博美の出演でドラマ化されることが決定。原作ファンからは、「来年まで待ちきれません!」「一生くんと永作さんが主演とか楽しみ」と歓喜の声が上がっている。

 教員免許はないが勉強を教える才能を持つ大島吾郎は、小学校の用務員室で生徒の補習を行っていた。ある日生徒の母・赤坂千明から自分の立ち上げる学習塾へ来て欲しいと依頼が。それぞれに個性の異なるふたりが公私ともにタッグを組んだことで、塾業界に新たな歴史が生み出されていく。日本人は戦後、何を得てそして何を失ってきたのか。“塾”という世代を超えた共通項をキーワードに描く、心動かされる物語に仕上がっている。

 主役の吾郎を高橋が演じ、千明役には永作を抜擢。他にも工藤阿須加、大政絢、壇蜜、黒川芽以、風吹ジュンの出演が決まっている。

 ドラマ化の情報に対して、「一生くんが主役とか見るしかないじゃん!」「制作陣も安定感ある方たちだから純粋に良いドラマになりそう」「一生くんと永作さんのタッグって素晴らしいものが生まれる予感」「来年まで放送が待ちきれな…

2018/7/7

全文を読む

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【10月第2週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

小説部門

1位

みかづき 森 絵都

2位

ねらわれた女学校 セーラー服と黙示録 (角川文庫) 古野 まほろ

3位

紅霞後宮物語 第零幕 一、伝説のはじまり (富士見L文庫) 雪村花菜

4位

ヒポクラテスの憂鬱 中山七里

5位

ばけもの好む中将 伍 冬の牡丹燈籠 (集英社文庫) 瀬川 貴次

6位

押絵と旅する美少年 (講談社タイガ) 西尾 維新,キナコ

7位

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫) 河野 裕

8位

鏡の花 (集英社文庫) 道尾 秀介

9位

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫) 森見登美彦

10位

祈りの幕…

2016/10/12

全文を読む

関連記事をもっと見る

みかづき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

森絵都は、新作中心に読んでいる作家です。まず学習塾を月(みかづき)に例えているセンスに感心しました。学習塾を中心とした教育一家のクロニクル、長編ですが全く飽きさせず、一気読みしました。子を持つ親、教育に関心のある方にオススメの感動作です。実は私も教育一家に生まれましたが、両親に対する反発もあり、教師の道は目指しませんでした。学生時代にアルバイトで家庭教師は経験しましたが・・・何時の時代も、学校、塾、受験等と教育は大変なのではないでしょうか?子供は大人が思っている方向には動きません。

2016/09/17

風眠

472頁、厚みだけでも「ずっしり」という感じである。昭和36年から平成の現代まで、学校教育の変遷と、時代の流れに立ち向かいながら、塾教育に心血を注いだ大島家。「常に欠けているみかづき」を満たしたい、満ちてゆけるよう手助けしたいという情熱は、親から子、そして孫へと受け継がれてゆく。学習支援、教育格差、子どもと真摯に向き合う教育者でありながらも、人間の持つ弱さ、脆さ、野心、欲、甘さなど、だめなところも描かれているのがいい。長い長い物語でありながら、時代転換が大胆でテンポがよく、先へ先へと読ませる圧倒的な物語。

2017/07/13

遥かなる想い

昭和から平成にかけて、 塾教育に人生を賭けた家族の物語である。 教育という視点でみた 昭和の日々は なぜか元気で活力がある .. そう言えば、そんな事もあった..と読みながら 思う。 大島家三代にわたる物語。鉄の女 千明の 情熱は凄まじい。決して満つることのない 三日月のごとく、だが 強く輝き続けた千明 ..その夫 吾郎の言葉も胸に染みる.. 本当に良い日々を生きた大家族の物語だった。

2017/07/02

flying frog

年越したけど読み納め。昭和36年から46年間に渡る日本の教育業界と、千葉進塾を創始した大島家という家族の歴史物語。手を結び、衝突し、憎み合い、別離し、それでも終着点では故人も含めて皆が再集結している縁、吾郎とは血が繋がっていない一郎が一番吾郎に似ている「家族」というものの不思議さに序盤から何度も目と鼻から汁を垂れ流しながら読んだww。膨大な情報(なんせ46年、三代の歴史だ)を叩き込まれて読後はしばらく呆然としたほど。特に最後の2ページは、この家族が辿り着いた"場所"に感無量、としか言えない感動を受けた。

2017/01/01

どんふぁん

2017年5月28日読了。テーマは教育だったんですが、戦後すぐから現代まで駆け上がって作品になってました。怒涛の話だったなと思いました。その時代時代の「教育」への在り方は考えさせられることばかりで、人間もそれぞれ変わってきたと思えば、それは教育も変わっていくことで。ただいつも教育は子どもの頭脳と心と体の成長のためにあるものでなければならない、それを必死で大人たちは考えてました、どの時代も。子どものことを社会が守るのはいつの時代も同じなのですね。あと、大島家の家族模様も素晴らしかった。千明がやはり一番強烈キ

2017/05/28

感想・レビューをもっと見る