読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

たてがみを捨てたライオンたち

たてがみを捨てたライオンたち

たてがみを捨てたライオンたち

作家
白岩玄
出版社
集英社
発売日
2018-09-26
ISBN
9784087711608
amazonで購入する

たてがみを捨てたライオンたち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テンちゃん

『白岩玄様、君は現代社会に「たてがみ」の存在価値を問いかけた』⇒『君は、男女が同じ立ち位置で尊重しあい、お互いを思いやる立場を共感し合う事の大切さを伝えてくれた』(^.^)『雄ライオンは、雌が捕らえた餌を奪う』⇒『そんなプライド(たてがみ)は今の社会には、そぐわないと私は思う。ただ、女性を愛し、家族を守る為の「たてがみ」は必要だと思う。そこにこそ、男性としての魅力を感じるからだ』(*⌒∇⌒*)『男女が自分と向き合いお互いを尊重し、思いやる事の大切さを伝えた大切な一冊』⭐(*´ー`*)4.5

2018/11/03

ででんでん

男は、こうであらねば…仕事ができない男に価値はない…女性から好かれない自分をそのまま受け止めることから逃げてばかり…など、男性として周囲にアピールする「たてがみ」がないことに悩んだり、それを自ら捨てて変化しようとしたりする3人の男性が主人公。稼ぎ手としての自信のなさにより、男として生きることに気後れを感じる。気持ちよく男でいるために、外で働くことが必用➡女性である私は、幸か不幸かその気後れを実感しがたいが、気持ちよく「人間」?でいるために、私にも外で働くことは必要だ。剥いても剥いても残り続ける○○らしさ。

2018/10/27

のぶ

3人の男性の生活が交互に描かれた小説。30歳で既婚、妻が妊娠中で主夫を選択する編集者、直樹。35歳でバツイチの広告代理店の営業マン、慎一。25歳で未婚の公務員、幸太郎。それぞれが事情を抱えて生きているが、最初は感情移入し辛かったが、読み進むうちに次第に慣れ、それぞれの人物に共感する部分も出てきた。三者三様なのだが、これが現在の男らしさなのだろうか?その辺の描き分けがうまい作品だと思った。自分と照らして共感する生き方ではなかったが、これが現代の男性だと大いに参考になった一冊だった。

2018/12/24

ぶんこ

30歳の出版社勤務の直樹、35歳のバツイチ広告代理店勤務慎一、25歳市役所勤務の幸太郎。3人の男性の男としての「たてがみ」への拘りに還暦過ぎた今、目からウロコが多かったです。共働きの妻が妊娠して専業主夫になるかで悩む直樹。離婚後女性や仕事に意欲が薄れたような慎一。アイドルのオタ活を隠している幸太郎。思いもよらない悩みの数々に男性の生き辛さ、繊細さを認識しました。面白かったです。

2019/01/13

おかだ

興味深く読んだ。独身・妊娠・育児・キャリア…。女の生き辛さを描いた作品って多いけど、このテーマで現代の男の生き辛さを描いた作品ってまともに読んだの初めてだったかも。今まで意識してなかった事に気付かされたし、男も大変なんだな、と…。圧倒的に女の方が辛い目に遭ってると思ってた。でも女って少し、男よりもしなやかに出来てるというか、精神的に強いのかも。前に進んでいく女性と、対処法を見つけられず遅れを取る男性の様子がリアルに感じられた。既婚で子持ちだけど、一番共感できたのは推しのいる独身・幸太朗のパートだったなぁ。

2019/12/03

感想・レビューをもっと見る