読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Matt

Matt

Matt

作家
岩城けい
出版社
集英社
発売日
2018-10-05
ISBN
9784087711646
amazonで購入する Kindle版を購入する

Matt / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なゆ

『Masato』では、異言語と異文化に苦しみながらもようやく自分の居場所を見つけて、父とふたりオーストラリアに残ったんだっけ。そんな真人が17歳になりみんなからMattと呼ばれ、彼女もできて順調に馴染んでいたはずだったが…。転入生のMatt.Wの、日本人ということだけで憎悪むきだしの態度に、次第に苦しむように。ましてや父親との関係もサイアク。この表紙の感じだと、2人のMattは最終的には…って思ってたのに、そううまくはいかないのが、リアルかも。歴史が絡む難しさなのか、はたまた素直になれない年頃のせいか。

2018/11/18

モルク

オーストリアに移住して5年経ち17歳になったマットこと安藤真人。名門校に学び友人たちと楽しい日々を送っていたが、もう一人のマットが転校生としてやって来る。祖父から第二次大戦中の日本人の行為を聞いていたマットWは日本人を、そしてマットAを毛嫌いし蔑んだ。そこからマット(A)は自らのアイデンティティーと向き合うようになり人種、血、歴史を考え疎外感をもち悩む。日本に住んでいる限り実感はないが外国に住む(観光客ではなく)とその思いは強いだろう。そう、戦争から何年経過しようがそれが現実なのだ。

2019/02/01

ゆみねこ

12才の時にオーストラリアに残る決断をしたMasatoのその後。Mattとして名門校で学校に馴染み、言語や異文化の壁を乗り越えたかと思ったら。模索する自らのアイデンティティ。人種・歴史・家族、Mattの成長譚。

2018/10/28

takaC

やっぱり、お父さんがダメ男だろう。と思った。

2018/11/02

おかだ

知らずに読んだけど『Masato』の続編だった!かなりお気に入りの作品だったので続きが読めて嬉しい。けれど…なんか良さげに思っていたお父さんが、めっちゃ嫌な感じに「親」を振りかざしてくる頭でっかち無能親父になってて驚いた。オーストラリアに残る事が正解だと思っていたのに、父親がこれじゃ辛いよな真人。戦時中、オーストラリアともこんな確執があったなんて知らなかった。やった方は忘れてもやられた方は忘れられない。分かる、気がする。もっと戦争の歴史を勉強すべきだと思ったし、その過去を乗り越えていく事も大事だと思った。

2019/01/07

感想・レビューをもっと見る